車には「駆動方式」というものがあり、4WDはそのうちの1つに分類されます。あまり雪が降らない地域に住んでいて4WD車の必要がない人や、初めて車を買う人にとってはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。

駆動方式を簡単に説明すると、「何本のタイヤで車を駆動する(動かす)方式なのか」という意味になります。

4WDは「Four Wheel Drive(四輪駆動)」を略した言葉です。四輪駆動を略して「よんく」と呼ばれることもあります。2WDは、「Two Wheel Drive(二輪駆動)」の略になります。

ちなみに、スバルなど一部のメーカーや外国のメーカーでは4WDのことをAWDと呼ぶことがあります。これは、海外でAWD「All Wheel Drive(全輪駆動)」と呼ぶほうが一般的であるためです。呼び方が違うだけで、意味は同じです。

世間一般に4WDという響きはいいイメージを連想させることが多く、「なんとなく4WDのほうが安心できそう」「車を売るときに4WDのほうが高く売れそう」など、なんとなくのイメージで4WDを買ってしまう人がいます。

しかし、4WDと2WDにはそれぞれ長所と短所があり、4WDは全ての性能が優れているわけではありません。では、これから車を買う際にはどちらを選ぶべきなのでしょうか。今回は、この点について解説していきます。

それぞれの駆動方式が適している場面

4WDと2WDには、それぞれ走行するのに適した場所があります。これから車を購入することを考えているのであれば、「自分が車で走行する場所に適した駆動方式はどれなのか」を見極めてから車を購入するべきです。

それぞれの駆動方式が適した場面は、以下のようになります。

4WDが適している場面

4WDは下の図のように、エンジンからの動力を4つのタイヤに伝えて走行する駆動方式です。一部の例外はありますが、基本的にエンジンは車体前方に配置されています。

赤色はエンジンからの動力が伝わっていることを意味しています。エンジンからの動力は差動歯車装置(デファレンシャルギア)という部品を通じて4つのタイヤに伝わります。

4WDの車はエンジンからの動力を4つのタイヤに分散させることができるため、滑りやすい路面であっても非常に強い推進力で前に進むことが可能です。

つまり、雪道や砂利・泥道などの滑りやすくタイヤが空転して前に進めなくなってしまいそうな場面でも、確実に前に進むことができるということです。

砂利・泥道

雪道

4WDの車であれば、上の写真のような悪路であっても難なく走破することができます。もし、雪や砂利などに4つのタイヤのうちのいずれかがはまったとしても、はまっていないタイヤに動力を伝えることで脱出することができます。

例えば、前輪が悪路にはまってしまった場合、後輪に動力を伝えることで悪路から脱出することができます。逆に、後輪がはまってしまった場合は、前輪に動力を伝えることで悪路から脱出できます。そのため、全てのタイヤが悪路にはまらない限り、立ち往生することはまずありません。

しかし、4WDだからといって性能を過信しすぎてはいけません。「4WDは雪道や悪路に強い」と信じて慎重な運転を怠った結果、スリップ事故や横転事故を起こす人は多いです。

たしかに、4WDの車は4つのタイヤに動力を伝えることができるので悪路に強いです。ただ、4WDが悪路に強いのは「前進するときのみ」です。減速する際には、4つのタイヤが駆動していることは何も意味を成しません。

4WDは構造が複雑なため、構造の単純な2WDよりも車体重量が重たくなってしまいます。そのため、ブレーキを踏んで減速する際に、重たい車体重量が原因で制動距離(止まるまでの距離)が伸びてしまいます。

これは、慣性の法則が働くためです。重たい車であるほど、制動距離が伸びます。

上の図は、車体重量が1000kgの2WD車と、車体重量が1500kgの4WD車の制動距離を比べたものです。同じ地点から制動(ブレーキ)を開始した場合、重たい4WD車のほうが停止するまでに長い距離を必要とします。

以上のことから、4WD車は悪路での走破力に優れている(悪路にはまりにくい)が、車体重量が重たいため、減速時には2WD車以上に注意を払う必要があるといえます。

また、「制動距離が長い」ということの他に、4WDには以下のようなデメリットがあります。

・車体の構造が複雑であるため、使う部品の数が増えてコストがかかる。そのため、2WD車に比べて車両価格が30~50万円ほど高くなる。

・車体重量が重たいため、燃費が悪い。

ただ、これらのデメリットがあるとはいえ、雪道や砂利・泥道を走行するのであれば4WDは最も適した駆動方式であることに変わりはありません。

そのため、「豪雪地帯に住んでいて、雪道に強い車が必要な人」や「キャンプに行くので砂利道を走行する機会の多い人」など、悪路を頻繁に走行する人にとって4WD車は最適な駆動方式であるといえます。

2WDが適している場面

2WDは、エンジンからの動力を「前輪」か「後輪」のどちらか2輪のタイヤに伝えて走行する駆動方式です。2WDのメリットは主に以下の2点になります。

・4WDに比べ車体重量が軽く、燃費がいい。

・車体の構造が単純なため、使う部品の数が少なくコストを削減でき、車両価格を安くできる。

このようなメリットがあるため、「雪道や砂利・泥道などの滑りやすい場所を走行しない人」や「関東圏など雪の降りにくい地域に住んでいる人」であれば、2WDの車を選択することをおすすめします。

ただ、滅多に雪が降らない地域に住んでいても、「雪が降ったときに備えて4WDの車にしておこう」と考える人がいます。

実際のところ、雪が滅多に降らない地域で4WDの車は必要ありません。私は神奈川県西部に住んでいますが、2WDの車だからといって雪で立ち往生をした経験は一度もありません。雪が降ったとしてもすぐに溶けてしまいますし、除雪機によってほとんどの道路は除雪されます。そのため、スタッドレスタイヤすら必要ないほどです。

ただ、いきなり大雪が降る可能性がないとはいえません。また、県外に行けば雪道を走行する機会があるかもしれません。そこで、こうした事態に備えて「チェーン」を常備しておくことを推奨します。

ちなみに、チェーンは駆動輪(エンジンからの動力が伝わっている車輪)に装着しないと効果が発揮されません。そのため、自分の運転している車の駆動方式を知っておく必要があります。

2WDの車は、「前輪が駆動するタイプ」と「後輪が駆動するタイプ」に別れます。それぞれの駆動方式については、以下で詳しく解説していきます。

FF車(前輪駆動)

前輪に動力を伝えて走行する車のことを、「Front Engine・Front Drive(エンジン前置き・前輪駆動)」の頭文字を略して「FF」と呼びます。

FF車の構造

FFの車は「エンジンから車輪まで動力を伝える部品の数」が他の駆動方式に比べ少ないことがメリットです。つまり、エンジンとその周りの部品がコンパクトになるということです。

そこからもたらされるメリットとして、「車体重量を軽くできること」と「乗員スペースを広くとれること」の2点があります。

また、FF車のもう一つの特徴として「4WDの次に雪道に強い」という点があります。

これは、車を後ろから押すよりも、前から引っ張ったほうが雪道でタイヤが空転しにくいためです。FF車は前輪を駆動させるため、「前輪で車を引っ張る」ことになります。それに対して、後輪駆動の車は「後輪で車を押す」ことになります。

こうしたメリットが評価され、数種類の駆動方式のうちFF車が最も生産台数の多い駆動形式になります。町中で見かける車のほとんどはFF車だといっても過言ではありません。

しかし、FF車にもデメリットはあります。それは、前輪のタイヤの減りが激しいことです。

FF車はエンジンなどの重量物が車体の前方に集中しているため、前輪に負荷がかかってしまいます。それに加えて、エンジンからの動力を前輪のみで路面に伝えなければなりません。つまり、車が走行する際の負担が前輪に集中してしまうため、前輪のタイヤの減りが激しいということです。

そのため、前輪のタイヤの減りを軽減させるための方法として、下の図のように「タイヤのローテーション」を行う必要があります。

出典:タイヤパーク

このように、それぞれのタイヤを入れ替えることで、まんべんなくタイヤを使うことができるため、タイヤの偏摩耗を抑えることができます。ローテーションを行う頻度は、「走行距離5千~1万kmに一回」が推奨されています。なお、ローテーションの方法は駆動形式によって違うので、上の図を参考に実施してください。

FR車(後輪駆動)

後輪に動力を伝えて走行する車のことを、「Front Engine・Rear Drive(エンジン前置き・後輪駆動)」の頭文字を略して「FR」と呼びます。

FR車の構造

FRは車体重量の重いトラックやバン、操縦性が重視されるスポーツカーなどに多く採用されている駆動方式です。

FRの車は「車体の重量バランスがいいので、タイヤの減り方が均一で操縦性に優れている」というメリットがあります。

FF車は重たいものが車体の前方に集中しているため重量のバランスが悪く、前輪タイヤの減りが激しいです。一方で、FR車は「動力を後輪に伝える部品」が車体後方にあるため、車体の重量が分散されていてバランスがよく、タイヤの減り方が均一になります。

また、車体の重量バランスがいいため、走行安定性に優れていてカーブを安定して曲がることができます。こうした理由から、スポーツカーなど操縦性を重視する車種にはFRが採用されることが多いです。

ただ、FR車のデメリットとして、「雪道に最も弱い駆動方式である」という点があります。先ほども述べたように、雪道では車を後ろから押すよりも、前から引っ張ったほうがタイヤが空転しにくいためです。そのため、FRは雪道にはまりやすい駆動方式となります。

また、FF車に比べてエンジンからタイヤまで動力を伝える部品の数が多く、車体価格が高く車体重量が重いこともFR車のデメリットとなります。

その他の駆動方式

一般的な車種には採用されませんが、後輪駆動にはFRだけでなく、エンジンを車体の後方に配置しているものがあります。後輪より前にエンジンを積んでいるものをMR、後輪より後ろにエンジンを積んでいるものはRRと呼ばれます。

これら2つの駆動方式は走行性能が優れていますが、荷物や乗員のスペースが狭いなど実用性が乏しいため、一部のスポーツカーにのみ採用されています。

ちなみに、MRの車は国産車でもわずかながら存在していますが、RRはドイツの「ポルシェ社」以外で採用されていません。

用途に合わせて2wdから4WDに乗り換える

私の友人に、「雪道や砂利・泥道での走破力が欲しい」という理由から、2WD(FF)のセダン車から4WDの車に乗り換えた人がいます。

友人は車が好きで、高出力エンジンを搭載している車が欲しかったため「ホンダ トルネオ・ユーロR」という2WD車を中古で購入しました。

ホンダ トルネオ・ユーロR

「ホンダ トルネオ・ユーロR」はホンダ伝統の高出力エンジン「VTEC」を搭載しており、その素晴らしい加速力を友人は非常に気に入っていました。

運転していて非常に楽しい車だったようで、友人は週末になると峠などに出かけてドライブを楽しんでいました。しかし2年ほど経った頃、そろそろ峠でのドライブに飽きてきたそうです。

それと同時に、さまざまな部品が劣化して修理費がかかり始めたこともあり、友人は車の買い替えを考え始めました。

そこで、友人はもともとキャンプやスキーなどの趣味があったため、次に買う車を4WDにしようと考えたそうです。

4WDのなかでどの車種にしようか迷ったようですが、友人は自分の好みに最も合っていた「日産 エクストレイル」を新車で購入しました。

日産 エクストレイル

友人は4WDの「日産 エクストレイル」を購入してからは、雪道でも砂地でも路面を選ばず走行することができるので行動範囲が広がったと喜んでいました。

一括見積もり査定を利用して、次の車を安く購入する

友人が車を買い替える際、今まで乗っていた車である「ホンダ トルネオ・ユーロR」をディーラーの下取りに出したところ、10万円の価値にしかならなかったそうです。10万円と聞くと安く感じますが、走行距離は10万km以上であり、年数も10年以上経っていたので妥当な下取り額であるといえます。

「もう少し高く車を売れないだろうか」と友人から相談されたので、私は「一括見積もり査定を受けてみてはどうか」と提案しました。そこで友人が一括見積もり査定に申し込んだところ、最高で31万円の買取査定額がついたそうです。

その後友人は、車の売却額である31万円を新車の購入代金にあてて、安く新車を購入することができたそうです。このように、今乗っている車を高く買い取ってもらうことができれば、次の車を購入する際の資金にあてることができます。

なぜ、一括見積もり査定では高い買取査定額がつくのでしょうか。それは、あなたの車がオークションにかけられることになるためです。

一括見積もり査定では、複数の業者があなたの車を買い取ろうと競争します。そのため、オークションで複数の入札があると値段が吊り上がることと同じ原理で、買取査定額があがるのです。友人の例では、買取査定額がディーラーの下取りに比べ21万円も高くなりました。

ただ、ディーラーでの下取り査定額が低かったとしても、一括見積もり査定で車を売却することを即決しないほうがいいです。なぜなら、ディーラーでは下取りに出してくれたお客様に対して新車を安く販売することがあるからです。

ディーラーでは、自社で車を下取りに出してくれたお客様に対して、他社で車を売却したお客様よりも新車の販売価格を値引きしてくれることがあります。

先ほどの例では一括見積もり査定での買取査定額がディーラーでの下取りに比べ21万円も高くなったため、ディーラーの値引き額が勝ることはまずありえないと思います。

しかし、下取りと買取の差額よりも新車の値引き額が大きい場合は、ディーラーに下取りをお願いしたほうが得になります。

車を買い替える際は、「一括見積もり査定」と「ディーラーでの見積もり査定」の両方に査定をお願いするようにしましょう。車の売却額と新車の購入価格の合計を比べ、どちらが得なのかを確認することが重要です。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。