愛車を査定してもらう際、売却の契約をその場で即決することをためらう人は多いです。その理由として、「他の中古車買取業者やディーラー下取りにも査定してもらってから売却を決めたい」「車という大きな財産の売却を即決したくない。もう少し検討する時間が欲しい」といったことが挙げられます。

このように考えることはごく自然なことであり、私も愛車を売るとなれば同じようなことを考えます。しかし、中古車査定で提示された買取査定額には有効期限が設定されているため、いつまでも悩んではいられません。

有効期限とは、「査定時に提示した価格での買い取りをいつまで保証してくれるのか」ということです。有効期限を過ぎてから車を売却すると、買取価格が査定時よりも低くなってしまう可能性があります。そのため、査定を受けた後、有効期限内に愛車の売却契約を決める必要があります。

では、買取査定額の有効期限とは査定時からいつまでなのでしょうか。また、なぜ有効期限が決められているのでしょうか。今回は、この2つの疑問について答えていきます。

買取査定額の有効期限はいつまでなのか

買取査定額の有効期限は買取業者によって差がありますが、最短で査定当日、長くても1週間程度です。期間が短いと感じられるかもしれませんが、これより長い有効期間を設けている買取業者は稀です。どんなに長くても、2週間までが限度だと考えてください。

ちなみに、買取査定額の有効期限は査定時に買取業者から伝えられます。もし、有効期限について言及してこなかった場合は、こちらから聞けば答えてくれます。

先ほども述べたように、有効期限が過ぎると買取査定額は保障されません。必ずしも買取査定額が下がるとは限りませんが、場合によっては買取価格が下がってしまう可能性があります。

有効期限後に車の売却を決めた場合、車の状態をチェックするために再び査定を受ける必要が生じます。その際、「中古車の買取相場が変わった」ことを理由に買取価格を引き下げられてしまうことがあります。

この「中古車の買取相場」こそが、有効期限が設定される理由です。これについて、以下で詳しく解説していきます。

なぜ、有効期限が決められているのか

一般的にあまり知られていないことですが、中古車は「オートオークション」というところで取引されており、店頭に並んでいる中古車の価格はこのオートオークションでの落札相場価格を元に設定されています。

オートオークションでの中古車取引の仕組は、以下の通りです。

①下取りや買い取りを行って中古車を仕入れた業者が、オートオークションに出品する

②オートオークションに出品された中古車に対して、中古車販売業者やディーラーが入札する

③最も高額な落札価格を提示した買取業者が中古車を買い取る

④落札された中古車は、ディーラーや中古車販売店によって再び市場にて販売される

オートオークションのイメージ図

オートオークションは全国各地にある会場で行われており、ほぼ毎日どこかの会場でオートオークションが開催されています。あなたがこの記事を読んでいるときも、どこかでオークションが開かれているのです。

オートオークションは、その名の通りオークションです。そのため、買い付けにくる中古車販売業者の競り合いによって価格が高騰したり下落したりします。また、時期や流行など、中古車の需要によっても買取価格が変動します。

こうした要素があるため、中古車の相場は非常に流動的です。それに加え、オートオークションは毎日のように開催されているため、「中古車の相場は日々変動している」といっても過言ではありません。

 

中古車の買取相場価格イメージ

中古車買取業者は、査定を行った日の買取相場を基準に買取査定額を決めています。そのため、「査定を行った当日に車の売却を決めて欲しい」というのが中古車買取業者の本音です。

とはいえ、その場で売却を即決することをお客様に強いるわけにはいきません。そこで、相場が大きく変わらないであろう期間を見積もって「買取査定額の有効期限(保障期限)」として設定しています。

有効期限後は買取相場が変わるため、車を売却する場合は再査定を行う必要があります。このとき、相場価格が下落してしまうとそれに伴って買取価格も下がってしまいます。

冒頭で述べた、「有効期限を過ぎてから車を売却すると、買取価格が有効期限内の査定価格よりも低くなってしまう可能性がある」というのは、こういった理由によるものです。

査定時に売却を即決すると、買取価格が高くなる

中古車買取査定を受けたことのある人なら経験があると思いますが、査定業者の多くは「今日中に契約を決めて頂けませんか?」と交渉してきます。

これは単純に、「早く契約を決めてしまいたい」ということもありますが、「その場で契約を即決してくれるなら、より高い値段で買い取りますよ」という意味も含まれています。

なぜなら、売却を先延ばしにした場合、買取業者はオークションでの相場価格が変動することを見越して買取価格を若干低く提示するからです。

一方、査定時に売却を即決する場合は、相場価格が明確であるため、買取業者は相場価格の変動を考慮する必要がありません。査定時の相場価格をそのまま買取価格に反映できます。

そのため、査定時に売却契約を即決すると買取価格が上がります。しかし、売却を即決すると複数の買取業者から査定を受ける時間がなくなってしまいます。1社のみの査定では、競合他社がいないので買取価格は相手の言い値になってしまいます。

高額査定を引き出すための要素である「売却契約の即決と複数社での査定」、一見すると両立が難しく思える2つの要素ですが、これから解説する方法を用いれば楽に両立できます。また、この2つを組み合わせることで、高い買取査定額を獲得することが可能です。

売却契約の即決と複数社での査定を両立できる「一括見積もり査定」

ここまでの解説を通して、買取価格を上げるためには売却契約を即決することが有効だと分かりました。しかし、冒頭でも述べたように売却契約の即決をためらう人もいるのではないでしょうか。

即決をためらう大きな理由として、「1社のみの査定で愛車の売却を即決するのは不安」「他の買取業界とも比較したい。即決すると他の業者に査定を依頼できない」といった意見があります。つまり、「即決=1社のみの査定」になってしまうことが問題だということです。

確かに、あなたが自分の足で買取業界を回って査定を受ける(持ち込み査定)のであれば、「即決=1社のみの査定」になってしまいます。同じタイミングに複数の業者から査定を受けることができないため、複数社の査定を終えてからでないと売却を決めることはできません。これでは、契約までに時間がかかってしまいます。

持ち込み査定のイメージ

しかし、「一括見積もり査定」を利用することで、一度に複数の業者から査定を受けることが可能です。それだけでなく、同じタイミングで査定を受けているため、査定と同時に買取価格の比較をすることができます。その場で売却契約を即決できるので、高価買取に繋がります。

一括見積もり査定のイメージ

このように、一括見積もり査定を利用することで「複数社から査定を受け、買取価格を比較する」「その場で買取価格を比較し、売却契約を即決する」という高額査定を引き出すために必要な2つの要素を両立できます。

また、一括見積もり査定を利用することで得られる恩恵はこれだけではありません。先ほど、「買取業者同士を競わせると買取価格が上がる」と解説しました。実は、一括見積もり査定を利用することで買取価格競争を起こさせることができます。

上図の「持ち込み査定のイメージ」からも分かる通り、持ち込み査定では1社ごとに独立して査定するため、買取業者同士を競合させることはできません。買取業者の多くは他の競合他社がいることを想定していますが、直接的に競り合わないので買取価格は上がりません。

一方、一括見積もり査定では複数の業者から同時に査定を受けることができます。目の前に競合他社がいるので、買取業者同士が競り合います。価格競争が起きるため、高額査定を引き出すことができます。

また、持ち込み査定では一軒一軒の業者を回って査定をお願いするため手間がかかりますが、一括見積もり査定ではこのような手間がはぶけます。

愛車の情報をネット上で一度入力すれば、インターネットを介して情報が中古車買取業者に伝わります。その後、買取業者があなたの家まで訪問査定に来てくれます。基本的に、インターネットで愛車の情報さえ入力してしまえば、あとは自宅で待っているだけで査定が完了します。

まとめ

中古車査定で提示された買取査定額の有効期限について述べてきましたが、「有効期限はいつまでなのか」「なぜ、有効期限が設定されているのか」理解できたでしょうか。中古車の相場価格は流動的であるため、なるべく早く売却契約を決めることが重要です。

中古車買取業者から査定額を提示された後、売却契約を即決するのが最も理想的ですが、なんらかの理由(リスク)で決断をためらう人は多いことでしょう。その場合には、インターネットから「一括見積もり査定」を利用して、売却契約を即決するリスクをなくし、高額査定を獲得しましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。