愛車を中古車の買取査定やディーラー下取りに出す際、「洗車や車内の清掃をしたほうが買取査定額が上がるのだろうか」と疑問に思う人は多いです。

普通に考えれば、ピカピカに洗車された車のほうが査定での評価が高くなりそうに思えます。実際、私の知人に聞くと、車を売る前にピカピカに洗車している人がほとんどです。

結論から先に言えば、洗車や車内の清掃を行っているかどうかは、買取査定額に影響します。ただし、一所懸命に車を洗車したからといって、苦労した分だけ買取価格が上がるということはありません。要点を押さえて洗車と清掃を行わなければ効率が悪いです。

要するに、「時間と労力をかけてピカピカになるまで洗車をする必要はないが、最低限は車をきれいにしておく」ということです。

では、「最低限の洗車・清掃」とはどの程度のものなのでしょうか。また、これらを行う際の手順や方法はどうすればいいのでしょうか。

今回は、「買取査定でマイナス評価を受けないための洗車・清掃方法」と「愛車を可能な限り高値で売却する方法」について解説していきます。

洗車をしても査定の評価には直接関係ない

冒頭で、洗車や車内の清掃を行っているかどうかは、買取査定額に影響すると述べました。しかし、「洗車をしても買取査定額が上がることはない。無意味だ」という意見があります。なぜ、このような意見が出てくるのかというと、以下のような理由があるからです。

・ディーラーや中古車買取業者は車を引き取った後に洗車・清掃するため、洗車されていない車であっても問題ない

・査定の評価基準には洗車や車内清掃の項目がない。そのため、車をきれいに洗車・清掃しても査定の評価には影響しない

このように聞くと、「洗車をしても意味がないのなら、そのままの状態で査定に出してしまおう」と思うかもしれません。しかし、愛車を少しでも高値で売りたいのであれば、洗車・清掃を行ってから査定を受けることをおすすめします。

査定の評価項目に関係なくても洗車・清掃をするべき理由

なぜ、査定での評価項目に含まれていない洗車・清掃を行うことが高価買取に繋がるのでしょうか。それは、査定を行うのが人間だからです。

いくら査定の評価に洗車・清掃の項目がないといっても、人は見た目の印象を無視できません。車の印象が良ければ、それに伴って査定の評価も良くなる可能性が高いです。

きれいに洗車されている車と、汚れたまま洗われていない車では、車に対する印象が違うのは当然のことです。見た目の問題だけでなく、それまでの車の扱われ方が連想されるため、車がきれいかどうかを査定士はよく観察しています。

車がきれいに洗車されている、車内がきれい

これまで丁寧に扱われてきた、メンテナンス(オイル交換など)をしっかりしていた

見た目には分からない部分も含めて、状態の良い車である可能性が高い

このように連想されるため、業者(査定士)によっては買取査定の評価を上げてくれる可能性があります。ただ、見た目の印象を査定の評価にどのくらい反映させるかは査定士によって異なるため、高価買取を狙うなら複数社から査定を受ける必要があります。高価買取の方法については、後で詳しく解説します。

最低限の洗車と掃除とは

先ほど解説した通り、査定士に良い印象を与えるためには最低限の洗車・清掃は欠かせません。具体的に何をすればいいか、どのように行えばいいのか、以下で解説します。

最低限やるべき洗車・清掃メニュー

・コイン洗車機で洗車する(あまり高額なコースを選んでも意味がありません。1000円以内のもので十分です。)

・車内に砂や食べこぼしなどがある場合は、掃除機をかけてきれいにする

・車内をおおまかに拭き掃除する

・車内に取り付けているアイテム(スマホホルダーや後付けのドリンクホルダー、消臭剤など)を取り外す

・車に積んである荷物など、不要なものを取り出す

洗車はコイン洗車機で十分にきれいになります。わざわざ手洗いをしてもほとんど意味がないので、コイン洗車機でスピーディーに終わらせてしまいましょう。

車内の清掃に関して分かりやすくいえば、「なるべく新車の状態に戻す」という意識で清掃するといいです。不要な荷物やスマホホルダーなどのアイテムを外し、掃除機と拭き掃除を行うことで使用感が薄れて状態の良い車に見えます。

これらの作業はすべて行っても、1~2時間程度で終わります。これだけでも車の印象はだいぶ良くなるので、最低限やっておくべき洗車・清掃メニューであるといえます。

余裕があればやっておきたいこと

上記の清掃メニューでも十分ですが、少しでも買取価格を上げたいのであれば「車内の臭い」に対しても対策を講じておきましょう。特に、車内で喫煙する人、ペットを同乗させる人は消臭することを推奨します。

消臭に使用するものは、市販のスチーム消臭剤です。ファブリーズなどの液体消臭剤を使う人が多いですが、臭いの元はシートなどの奥にミクロレベルで浸透しているので液体消臭剤では届きません。スチーム消臭剤は気体なので、ミクロレベルでの消臭が可能です。

また、スチーム消臭剤はエアコンを作動させながら施行するので、液体消臭剤とは違いエアコンの臭いにまで効果が期待できます。

スチーム消臭剤施工の様子

スチーム消臭剤はカー用品店やスーパー、ドラッグストアなどで販売されているので簡単に手に入ります。価格も500円程度と安価です。

バラの香りやせっけんの香りなど、さまざまな臭いの消臭剤がありますが、消臭剤の香りがきついと「臭いをごまかそうとしている」と査定士に思われる可能性があります。そのため、無香タイプの消臭剤を選ぶようにしてください。

キズやへこみを直す必要はない

車を洗車・清掃していると、普段は気づかないキズやへこみがボディについていることに気づくかもしれません。車がきれいだと、普段に増してキズが気になります。

気になってしまう気持ちはよく分かりますが、愛車にキズやへこみを発見しても修復する必要はありません。少しでも車をきれいに見せようとして、キズに塗料を塗ったりハゲた部分にスプレーをしたりする人がいますが、やめておいたほうがいいです。

上手く仕上がったとしても、買取査定額が上がることはほぼありません。査定額が上がらないだけならまだしも、補修に失敗して余計に車の状態を悪くする(査定額が下がる)可能性のほうが圧倒的に高いです。

「上手くいってもプラスにならないが、失敗すればマイナス査定」と聞けば、補修作業が不要なリスクでしかないないことが分かると思います。

「だったら自動車修理業者(カーコンビニ、オートバックスなど)に直してもらえばいいのでは?」と考えるかもしれませんが、それもやめておいたほうがいいです。

ディーラーや中古車買取業者のほとんどは、自社と提携している自動車修理工場を所有しています。そのため、低いコストでボディのキズやへこみを修復することが可能です。

例えば、あなたが愛車のキズを直すのに3万円かけたとすれば、ディーラーや中古車買取業者は1万円程度で修復できてしまうのです。

わざわざ高価な費用を払ってキズを修復しても、その費用以上に買取査定額が上がることはありません。むしろ、修理費が多くかかってしまい損をします。上記の例でいえば、修理費3万円に対して査定額アップは1万円程度でしょう。つまり、2万円損をするということです。

以上の理由から、車についたキズやへこみはそのまま直さずに査定に出しましょう。

査定前の洗車に反対派の人もいる

少数派の意見ではありますが、「洗車をしないほうが査定の評価が上がる」と考えている人がいます。分かりやすく言えば、「洗車をするとキズが目立つので、少し汚れているほうが小キズが隠れて高評価になる」ということです。

洗車をしないほうがいいというのは間違いですが、小キズを隠したほうがいいのは確かです。洗車を行いつつ小キズを隠すというのは難しい話ですが、実はやり方次第で可能です。

その方法とは、「洗車をして曇りの日に査定を受ける」です。小キズが目立つのは太陽光にさらされていることが大きな原因です。そのため、曇りの日に査定を受ければ小キズが目立ちません。

ただ、小キズが査定の評価に及ぼす影響は小さいです。また、天候は完璧に予測することができないため、曇りの日を狙って査定を受けるというのはあまり現実的ではありません。そのため、査定当日が曇りであった場合に「曇りの日に査定を受けられてラッキー」という程度に考えておいたほうがいいでしょう。

太陽光により目立つ小キズ

きれいに洗車した愛車をなるべく高く売るために

ここまで、洗車・清掃をしたほうが良い理由とその方法について説明してきました。最後に、きれいになった愛車を高く評価(高価買取)してくれる中古車買取業者の探し方について解説します。

先ほども述べましたが、見た目の印象を査定の評価にどのくらい反映させるかは査定士によって異なります。高価買取を狙うためには、複数の買取業者から査定を受ける必要があります。

1社のみの査定では、きれいになった車に対して必ずしも高評価をつけてくれるとは限りません。できるだけ多くの買取業者から査定を受けることで、高く評価してくれる査定士に巡り合う確率を高めることができます。

通常、複数の買取業者から査定を受けるためには、一軒一軒業者を訪ねる必要があるので手間がかかります。高価買取のためとはいえ、手間を増やすのは避けたいところです。「忙しいのでそんな手間はかけられない」という人もいるでしょう。

このような手間を減らすために提案するのが、「インターネットの一括見積もり査定」の利用です。一括見積もり査定では、複数の買取業者から査定を受けるために一軒一軒足を運ぶ必要はありません。

なぜなら、インターネットを通じてあなたの愛車の情報が買取業者に伝わるからです。入力作業は一度きりで済みますし、所要時間も10分程度と手間がかかりません。

実際に査定を受ける際も、買取業者があなたの家まで出張査定に来てくれます。そのため、どこかに車を持ち込む必要なく売却手続きを完了させられます。

また、一括見積もり査定のメリットはこれだけではありません。買取業者同士で競合させることができます。これは、1社ずつ査定を受ける際には引き出せないメリットです。

通常の方法では、こちらから店舗に出向いて査定を受けることになります。この場合、あなたが査定を依頼する業者同士が顔を合わせることはありません。そのため、業者が競合することはなく、買取価格は相手の言い値になってしまいます。

しかし、一括見積もり査定を利用する場合は相手の業者が訪問査定に来てくれます。査定に来るタイミングは業者と相談して自由に決められるため、査定を依頼する全ての業者が同じタイミングで来るように調整します。

すると、買取業者が直接顔を合わせることになります。この状況になれば、業者同士は競合することを避けられません。言い値を提示したところで、他の業者がさらに高い金額を提示すれば車を買い取ることができないからです。

最高価格を提示したC社が車を買い取ることができる

当然ですが、買取業者はあなたの愛車を買い取ることを目的としています。競合他社に買い取られてしまえば、商品である中古車を仕入れる機会を逃すことになります。目の前に競合がいる以上、相手よりも高い金額を提示しなければ車を買い取れません。

このような競争原理が働くため、査定のタイミングを合わせることで高価買取を実現できます。手間が減らせて高価買取に繋がる一括見積もり査定は、車を売却するための手段として非常に優れているといえます。

車を売却する際は、要点を押さえて効率良く洗車と清掃を行いましょう。そして、その効果を最大限反映させるために一括見積もり査定を利用しましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。