車を購入するとき、車の値段が一番気になるという人は多いと思います。車を選ぶ基準で、「車両価格が安いかどうか」というのは大きなポイントです。

車両価格の安い車といえば、軽自動車があります。軽自動車は車両価格・維持費ともに安く、最もお金のかからない車です。そうした理由から人気があり、新車の販売台数の約4割は軽自動車が占めています。

多くの需要があるため、自動車メーカーは軽自動車の販売に力を入れています。そのため、軽自動車の車種は豊富です。ただ、豊富な車種のなかには普通乗用車であるコンパクトカーより車両価格の高い車種が存在します。

例えば、軽自動車である「ダイハツ ムーブカスタム」の価格は約135万円ですが、コンパクトカーの「ホンダ フィット」の価格は約130万円です。このように、軽自動車のなかにはコンパクトカーより価格の高い車種が存在します。

※車両価格は、最も安価なグレードの値です。

経済的な車が欲しくて軽自動車を検討している人にとって、車両価格がコンパクトカー以上になってしまっては意味がありません。

では、具体的に軽自動車のなかで安い車種とはどれなのでしょうか。今回は、「軽自動車が人気である理由」を説明して「軽自動車の安い車種ランキング」を紹介していきます。

軽自動車が人気である理由

軽自動車の人気は年々高まり、新車販売台数は増えてきています。なぜ、軽自動車の人気は高まっているのでしょうか。その理由として、以下の4つがあります。

燃費が良く、ガソリン代が安く済む

車の燃費を決める要素の1つに、エンジンの排気量があります。排気量が大きい(エンジンが大きい)ほど燃料の消費は増え、燃費が悪くなります。軽自動車は排気量が660ccと自動車のなかで最も少ないため、燃費性能に優れています。

そのため、車種によって違いはありますが、平均でガソリン1Lあたり20km以上は走行できます。また、軽自動車のなかでも特に燃費のいい車は、ガソリン1Lあたり37kmも走行することが可能です。(参考:スズキ アルト)

また、この他に軽自動車のもう1つの特徴として、普通乗用車に比べ車体重量が軽いという点があります。重量が軽いほど少ないエネルギーで走行できるため、ガソリンの消費が少なくて済みます。

ガソリン代に家計を圧迫されないというのは、軽自動車が人気である理由の1つです。

車の維持費が安い

自動車は購入したあとに、維持費がかかります。そのため、車両価格が安くても維持費が高ければトータルの出費は高くついてしまいます。その点、軽自動車は車両価格・維持費の合計がとても安いです。

維持費は、主に自動車保険料と自動車税の2つに分けられます。

軽自動車は、自動車保険料・自動車税ともに最安値です。自動車保険料はコンパクトカーとほとんど変わりませんが、自動車税においては軽自動車は非常に優遇されています。

区分 排気量 税額
軽自動車 ~660cc ¥7,200(¥10,800)
普通乗用車 ~1,000cc ¥29,500
1,001~1,500cc ¥34,500
1,501~2,000cc ¥39,500
2,001~2,500cc ¥45,000
2,501~3,000cc ¥51,000
3,001~3,500cc ¥58,000
3,501~4,000cc ¥66,500
4,001~4,500cc ¥76,500
4,500~6,000cc ¥88,500
6,000cc~ ¥111,000

※2015年4月1日以降に新車登録された軽自動車は、税額が10,800円になります。

上の表からわかるように、軽自動車と比較して普通乗用車の税額は非常に高額です。例えば、普通乗用車のなかで最も小さいコンパクトカークラスであっても、年間29,500円もの税額を支払わなければなりません。

1年間で支払う税金が圧倒的に安いことは、軽自動車を選択する大きなメリットとなります。もし、「車にほとんど乗らないのに維持費だけがかかってもったいない、馬鹿らしい」と思っているのであれば、軽自動車に買い替えることで維持費を減らすことができます。

車内が広くなった

昔の軽自動車は車内が狭く、窮屈な車内スペースを強いられました。しかし、1998年10月に軽自動車の規格が改定されボディサイズが拡大してからは、十分な車内スペースを得られるようになりました。

ボディサイズが拡大されたことに加え、より広い車内スペースにするべく内装を薄くしたことでコンパクトカーと同等、もしくはそれ以上の車内スペースを実現しています。

車種によってはピラーレス(ドアの間にある支柱をなくすこと)で、更に広い車内スペースを得ています。また、ピラーレスの車種はスライドドアが装備されているので、人の乗り降りや荷物の積み下ろしの利便性が向上します。

ピラーレス・スライドドア 出典:ダイハツ タント

小回りがきく

日本の道路は、狭い道が多く存在します。軽自動車はボディサイズが小さいため、狭い道を難なく走行することが可能です。

実際、私も軽自動車を運転していて「軽自動車じゃないと、今の道は通れなかったかもしれない」と思うことがあります。物理的には普通乗用車でも通れる道がほとんどだと思いますが、車幅を気にせずスイスイ走れる軽自動車は精神的に楽です。

こうした理由から、軽自動車を選択する人もいます。実は、私の母もその一人です。小回りのしやすさは、軽自動車が支持される理由の1つになっています。

軽自動車安い車種ランキング

冒頭でも述べたように、軽自動車は車種が非常に多いため安い車種を探すのは大変です。そこで、2017年4月現在、新車で販売されている軽自動車の販売価格を調べ、ランキングを作成しました。

価格が同じ車種の多くはOEM提供の車です。OEM提供とは、他社ブランドの製品を製造することです。例えば、ダイハツが製造・販売する車をスバルでも販売するということです。

そのため、OEM関係にある車種は兄弟車であるといえます。デザインを若干変えることで差別化をしてはいますが、基本的には同じ車です。

変速方式はオートマかマニュアルかを示したものです。5MTは5速マニュアルトランスミッションの略であるためマニュアル車となりますが、その他のものはオートマ限定免許での運転が可能です。

CVTは無段変速機、または連続可変トランスミッションといいます。通常のオートマ車では1速から2速……5速というようにギアを変速しますが、CVTは無段階に変速していきます。運転手が変速操作をする必要はないので、オートマ車と同じ感覚で運転することができます。

AGSはスズキ社が開発した変速方式です。通常のオートマとは異なる構造で作られており、エンジンパワーの伝達効率に優れるため燃費が良いという特徴があります。操作自体は通常のオートマ車と変わらないため、こちらもCVT同様オートマ車と同じ感覚で運転することが可能です。

順位 車両価格(税込) メーカー・車名 グレード 変速方式
1位 ¥653,400 ダイハツ ハイゼットトラック スタンダード“エアコン・パワステレス” 5MT
1位 ¥653,400 スバル サンバートラック TB 5MT
1位 ¥653,400 トヨタ ピクシストラック スタンダード“エアコン・パワステレス” 5MT
4位 ¥684,720 *スズキ キャリイ KC 5MT
5位 ¥696,600 *スズキ アルトバン VP 5MT
6位 ¥740,571 ダイハツ ミラバン TX 5MT
6位 ¥740,571 スバル プレオバン A 5MT
8位 ¥766,286 ダイハツ ミライース D CVT
8位 ¥766,286 トヨタ ピクシスエポック D CVT
10位 ¥766,300 スバル プレオ+ E CVT
11位 ¥790,000 *ホンダ アクティ トラック STD 5MT
12位 ¥812,160 *三菱 ミニキャブトラック M 5MT
13位 ¥847,800 スズキ アルト F 5MT・5AGS
13位 ¥847,800 マツダ キャロル GF 5MT
15位 ¥884,572 スバル プレオ F Special 5MT
15位 ¥884,572 ダイハツ ミラ X “Special” 5MT
17位 ¥936,000 スバル サンバーバン VB 5MT
17位 ¥936,000 ダイハツ ハイゼットカーゴ スペシャル 5MT
17位 ¥936,000 トヨタ ピクシスバン スペシャル 5MT
20位 ¥939,600 *三菱 ミニキャブバン M 5MT
21位 ¥1,031,400 三菱 ekワゴン E CVT
22位 ¥1,077,840 スズキ ラパン G 5AGS
23位 ¥1,078,920 スズキ ワゴンR FA CVT
23位 ¥1,078,920 スズキ ハスラー A 5MT・CVT
25位 ¥1,090,000
ホンダ N-WGN C CVT
26位 ¥1,115,000 *ホンダ アクティ・バン SDX or PRO-A 5MT
27位 ¥1,134,000 ダイハツ ムーブ L CVT
28位 ¥1,134,000 スバル ステラ L CVT
29位 ¥1,140,480 日産 デイズ J CVT
30位 ¥1,177,200 マツダ フレア XG CVT
31位 ¥1,185,000 ホンダ N-ONE G CVT
32位 ¥1,188,000 ダイハツ ミラココア L CVT
33位 ¥1,188,000 ダイハツ ムーブキャンバス L CVT
34位 ¥1,198,000 ホンダ N-BOX C CVT

・スマートフォンで閲覧する場合は、画面を横向きにすると表が見やすくなります。

・このランキングは、34位まで(120万円まで)を上限に作成したものです。

・全ての車種は基本グレード(最も安いグレード)を選択しています。そのため、駆動方式は必然的に2WD(二輪駆動)になります。

・*は商用車を表した印です。乗用車と見分けがつくようにしています。

・兄弟車(OEM)は文字の色を同じにして、見分けがつくようにしています。

商用車以外の車種(乗用車)については、以下に詳細を記載します。

第8位:ダイハツ ミライース・トヨタ ピクシスエポック(OEM)・スバル プレオ+(OEM)

車両価格:77万円

燃費:35.2km/L

ダイハツ ミライース G“SA” 出典:ダイハツ

第12位:スズキ アルト・マツダ キャロル(OEM)

車両価格:85万円

燃費:37.0km/L

スズキ アルト F 出典:スズキ

第14位:スバル プレオ・ダイハツ ミラ(OEM)

車両価格:89万円

燃費:24.2km/L

スバル プレオ F Special 出典:スバル

第20位:三菱 ekワゴン

車両価格:103万円

燃費:25.8km/L

ekワゴン E 出典:三菱

第21位:スズキ ラパン

車両価格:108万円

燃費:35.6km/L

ラパン G 出典:スズキ

第22位:スズキ ワゴンR・スズキ ハスラー

車両価格:108万円

燃費:33.4km/L ワゴンR

燃費:32.0km/L ハスラー

上:ワゴンR FA 下:ハスラー A 出典:スズキ

第24位:ホンダ N-WGN

車両価格:109万円

燃費:29.4km/L

N-WGN C 出典:ホンダ

第25位:ダイハツ ムーブ・スバル ステラ(OEM)

車両価格:113万円

燃費:31.0km/L

ダイハツ ムーブ L 出典:ダイハツ

第27位:日産 デイズ(三菱 ekワゴンのOEM)

車両価格:114万円

燃費:25.8km/L

デイズ X Vセレクション 出典:日産

第28位:マツダ フレア(スズキ ワゴンRのOEM)

車両価格:118万円

燃費:33.4km/L

フレア XG 出典:マツダ

第29位:ホンダ N-ONE

車両価格:119万円

燃費:28.4km/L

N-ONE G 出典:ホンダ

第30位:ダイハツ ミラココア・ダイハツ ムーブキャンバス

車両価格:119万円

燃費:29.0km/L ミラココア

燃費:28.6km/L ムーブキャンバス

上:ミラココア L 下:ムーブキャンバス L 出典:ダイハツ

第32位ホンダN-BOX

車両価格:120万円

燃費:25.6km/L

N-BOX C 出典:ホンダ

・車両価格は千円以下を四捨五入した金額です。

・燃費はグレードにより前後します。記載している燃費は、全グレードのなかで最高値のものです。

以上が、軽自動車の安い車ランキングになります。このように並べてみると、ダイハツとスズキの2社が比較的多くランクインしていることがわかります。これらの2社は軽自動車をメインに販売しているため、大量生産によるコストダウンを実現しています。そのため、販売価格が低めの車種が多いです。また、車種のバリエーションも豊富です。

安い軽自動車を探しているのなら、スズキかダイハツがおすすめ

先ほど述べたように、軽自動車は車両価格だけでなく維持費も安いです。例えばコンパクトカー(1~1.5L)から軽自動車に乗り換えた場合、1年で23,700円の減税になります(軽自動車の税額を¥10,800として計算)。1ヶ月であたりでは、1,975円。長期的に考えると、5年間で118,500円、10年間では237,000円もの減税になります。

しかも、これは1~1.5Lのコンパクトカークラスから乗り換えた場合です。排気量の大きな車であれば、減税額はさらに大きくなります。

もし、あなたが車の維持費の高さに困っているのなら、軽自動車への買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

その際、軽自動車のなかでも安い車種を選ぶのであれば、スズキかダイハツがおすすめです。ランキングからも分かるように、新車価格の安い車種を豊富にラインナップしているのはこれらの2社です。

なかでも、私がおすすめするのは「スズキ アルト」です。アルトは他の軽自動車に比べ車両重量が軽いため、加速性能・燃費性能ともに優れています。また、新車価格も非常に安いです。

例えば、アルトの“L”(2WD・CVT)は894,240円の販売価格ながら、37.0km/Lの低燃費(JC08モード測定)を叩き出します。ちなみに、ランキングに登場した最低グレードである“F”(2WD・5AGS)は847,800円と価格が安いですが、燃費が29.6km/Lに下がるのでおすすめしません。

車の買い替え費用を安くするための方法

もし、あなたが軽自動車の維持費の安さや燃費の良さに魅力を感じるのであれば、軽自動車への買い替えを検討してみてはどうでしょうか。その際、車の買い替えにかかる費用はなるべく抑えたいと考えることでしょう。

車を買い替えるということは、いま乗っている車を売却するということになります。その際、車を高値で売却することができれば、新たに購入する車の購入資金に回すことができます。つまり、新車を安く購入することが可能になります。

購入資金が増えることによって、車のグレードを上げることができます。もし売却額が高ければ、ワンランク上の車種を購入することができるかもしれません。車を高く売ることで、新たに購入する車の選択肢が広がります。

車を高値で買い取ってもらうためには、あなたの車に価値を見いだしてくれる中古車買取業者を見つける必要があります。しかし、中古車買取を行っている業者は全国に無数に存在します。この中から、あなたの車を高く買い取ってくれる業者を探し出すことは容易ではありません。

「とりあえず、近所の買取業者に査定を依頼してみよう」と考えるかもしれませんが、その方法では理想の買取業者を見つけることは難しいです。高値をつけてくれる業者に遭遇することはないと断言するわけではありませんが、その確率は低いです。

では、どのようにして高価買取をしてくれる業者を探し出せばよいのでしょうか。そのための方法として、「一括見積もり査定の利用」があります。

一括見積もり査定では、一度に複数の買取業者から査定を受けることができるため、高値で買い取ってくれる業者に巡り合う確率が格段に上がります。それだけでなく、査定を受ける手間を省くこともできます。一括見積もり査定は、インターネットを介してあなたの車の情報を買取業者に伝えます。これは、情報を一度入力するだけで済みます。

ところで、「ディーラー下取りに出せばいいのでは?」と思っている人がいると思います。一般的に車を買い替える際は、ディーラーの下取りに出すことが多いです。しかし、実はディーラーの下取りに査定では高価買取は望めません。

その理由として、中古車の買取はディーラーの本業ではないことがあげられます。ディーラーは新車を販売することで利益を得ているので、中古車の買取には力を入れていないのです。そのため、中古車を高値で買い取ることはありません。

ただ、新車を販売することは本業であるため力を入れており、自社で下取りに出してくれたお客様に対して新車の値引きをサービスすることがあります。下取り価格が低かったとしても、新車の値引き額が大きければトータルで得になることもあります。そのため、新車購入の見積もりはとっておくといいでしょう。

車にかかる費用を少しでも減らしたいのであれば、軽自動車は最適な車です。軽自動車だからといって窮屈な車内を強いられることはありませんし、小回りがきくので狭い道も楽に走行することができます。

車を買い替える際は、一括見積もり査定と並行してディーラーでの見積もり査定も受けるようにしましょう。そして、車の売却額と新車の購入価格のトータルを見比べて、最も得であるのはどちらなのか見極めましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。