愛車を売却しようと考えたとき、基本的に買い取りと下取りの2通りの方法があります。そして、これらの選択肢のうち多くの人は下取りを選択します。実際、中古車の売却方法を調査すると下取りは全体の8割前後を占めています。

このように言うと、「全体の8割を占めている、つまり大多数が選択しているのだから下取りを選べば間違いないだろう」と考えるかもしれません。しかし実を言うと、下取りは昔からある売却手法であるため世間に広まっているだけであり、買い取りに比べて優れているから多くの人に利用されている訳ではありません。

中古車は同じ状態のものが二つと存在せず一点ものであるため、愛車の適正な売却額は非常に分かりづらいです。そのため、最適な方法で車を売却した場合に比べて、自分がどのくらい損失を出しているのか気づいていない人は多いです。

下取りと買い取りにはそれぞれメリットとデメリットがあるため、必ずしもどちらが良いとは言い切れません。ただ、「愛車をできる限り高値で売却したい」という観点からみると買い取りを利用した方がいいです。

今回は、「下取りと買い取りの違い」「下取りと買い取り、それぞれの特徴」について解説していきます。そして最後に、「愛車を最も高く売る方法」について述べます。

下取りと買い取りの違いとは

そもそも、下取りと買い取りは何が違うのでしょうか。それぞれの仕組みについて、以下で解説します。

下取り

車を買い替える際、購入予定のディーラーに今乗っている車を売却し、その代金を新しい車(次に購入する車)の購入代金にあてることを下取りといいます。そのため、下取りでは直接現金を受け取ることはありません。つまり、「車を売って、新しい車の購入資金を作る」ということなります。

 

買い取り

中古車買取を行っている専門業者に車を売却し、現金を得ることを買い取りといいます。つまり、「車を現金に換える」というシンプルな方法です。

買い取りでは現金が得られるため、下取りのように売却額の使い道を限定されることがありません。もちろん、新車を購入する際の購入資金にあてることも可能です。

下取りと買い取り、それぞれの特徴を比較する

下取りと買い取りの仕組みが分かったところで、次にそれぞれの特徴について比較していきます。さまざまな項目を見比べて、どちらが良いのか参考にしてください。

査定額の基準

下取り:

下取りでは、「下取り基本価格表」という基準を元に査定をします。これは、あまり変動することのない基準です。そのため、下取りの特徴の一つとして「買取価格が変動しにくい」という利点があります。

ただ、「下取り基本価格表」は年式と走行距離を基準としているため、古い車や走行距離の多い車はほとんど価値ないものとして扱われます。例えば、新車購入時から7年・7万kmが過ぎている車は下取り査定額が0円になってしまう可能性があります。下取り価格が期待できる目安として、5年・5万km未満が指標になります。

買い取り:

買い取りでは、「オートオークション」や「中古車市場の相場」を基準に査定をします。オートオークションというのは、中古車オークションのことです。

オークションは性質上、相場が変動しやすいというデメリットがありますが、落札者(中古車買取業者)同士が競り合うため、買取価格が高値になるというメリットも持ち合わせています。

これを基準として査定をしているため、買取査定額が高値になりやすいです。ただ、その代わりに買取価格の相場が変動しやすく、車が高く売れる時期とそうでない時期があります。

査定額の高さ

下取り:

ディーラーは新車を売ることが本業であり、収益源です。一方、中古車の買取はたいした利益にはなりません。そのため、中古車買取には力を入れておらず、高価買取は期待できません。

また、査定を依頼する相手が新車を購入する予定のディーラー1社に限定されるため、下取り価格はそのディーラーの言い値になってしまいます。

ただ、下取り価格が低い代わりに新車の値引きをしてくれることが多いです。特に、2・3月の決算期、6・7月の夏のボーナス期、9月の中間決算期、12月の年末期はディーラーが新車を売ろうと必死になっている(販売ノルマ達成のため)時期なので、新車の値引き率が高くなりやすいです。

買い取り:

言うまでもありませんが、中古車買取業者は中古車を買い取ることが本業です。そのため、ディーラー下取りに比べて高価な査定額がつきやすいです。

また、下取りとは違い査定を依頼する相手を自由に選べるため、複数の業者に査定をお願いすることができます。複数の業者の中から、最も高い買取価格を提示してきた業者を選べるため、より高い金額で愛車を売却することができます。

売却にかかる手間

下取り:

今乗っている車の売却から新車の購入手続きまで、全て一括で完了するので手間と時間がかかりません。また、ディーラーマンが責任を持って対応してくれるため安心感があります。

買い取り:

新車の購入予定がないのであれば売却の手間だけで済みますが、新車を購入する場合は売却と購入の手続きを別々に行わなければならないため少し手間がかかります。

また、高価買取を目指して複数の業者から査定を受ける場合は、さらに手間がかかります。しかし、「一括見積もり査定」を利用することで手間を減らせるため問題ありません。これについては後ほど解説します。

車の乗り換えにかかる時間

下取り:

基本的には新車の購入と同時に下取りを行うので、車の乗り換えに時間がかかりません。そのため、代車を利用する必要もありません。

買い取り:

買い取りを利用する場合、新車を購入する前に愛車を売却することになる可能性が高いです。上手く日程を調整すればディーラーから新車が納車されるタイミングに合わせることも可能ですが、なかなか難しいです。

「ディーラーから新車が納車されるタイミング」と「今乗っている車を中古車買取業者に売却するタイミング」が合わなかった場合、乗り換えまで少し時間がかかってしまいます。ただ、たいていの中古車買取業者では納車待ちの間に代車を貸してくれるため、「車がなくて困る」という心配はいりません。

社外パーツの影響

下取り:

社外パーツというのは、車に標準装備されている純正品ではなく社外メーカーから販売されているパーツのことをいいます。例えば、純正のホイールを好みの社外製品ホイールなどに交換すると社外パーツを装着していることになります。

下取り査定では、社外パーツがプラスになることはありません。むしろ、純正パーツの欠品扱いとなり査定額が下がる恐れがあります。

そのため、社外パーツを装着する際は取り外した純正パーツを保管しておき、車を売却する際に純正パーツに戻すことができるようにしておきましょう。もし、既に社外パーツを装着していて純正パーツを紛失してしまっている場合は、下取りに出すことはおすすめしません。

なお、純正でなくてもディーラーで追加購入できるオプションパーツに関しては、社外製品扱いとはなりません。例えば、ホンダは無限やモデューロ、トヨタはTRDやモデリスタ、日産はニスモやインパル、スバルはSTIというように、自動車メーカーごとに存在する関連会社の製品はプラス査定になることが多いです。

買い取り:

買い取りでは、社外パーツを装着していることでプラス査定になる可能性があります。特に、人気の高いパーツや高級な社外パーツは高価買取の対象となります。また、社外エアロ(外装)パーツをフルセットで装着している場合は思わぬ高価格で買い取られることもあります。

 

「ROWEN」製のエアロパーツをフル装備した「トヨタ プリウス」 出典:オートアクセサリープロデュース

ただ、不人気なパーツや悪趣味なパーツではマイナス査定になることもあります。そのため、純正パーツを保管しておくことを推奨します。

車を売る時期

下取り:

先ほども述べたように、下取りでは、「下取り基本価格表」という基準を元に査定をします。そのため、車を売却する時期による買取価格の変動は少ないです。1年を通していつ車を売却しても、買取価格は安定しています。

買い取り:

基準となる「オートオークションの相場」や「中古車市場の相場」が低いと、それに伴って中古車の買取価格も下がってしまいます。つまり、中古車価格が安くなる時期=車が高く売れない時期ということです。

具体的には、1~3月は中古車の需要が高いため高く売れる時期です。4~5月は1~3月に売れ残った中古車が余っているので需要が低く、買取価格は期待できません。6~7月は需要が平均的なので買取価格は高くも低くもなりません。

8~10月は夏のボーナス後に需要が高まるため、中古車の買取価格が高い時期です。11~12月の年度末は、買取価格が大きく下がりやすい時期です。なぜなら、年度が変わると車の年式が1年経過したことになってしまうためです。

つまり、買い取ってから1、2ヶ月たらずで車の年式が1年落ちになってしまうのです。そのため、中古車買取業者は年度末に中古車を仕入れようとせず、中古車の需要は下がります。

中古車の買取価格推移イメージ

高価買取を狙うのであれば、一括見積もり査定が最適

ここまで、下取りと買い取りの違いについて述べてきました。比較内容をまとめると、下取りは買取価格が高くない代わりに、車を売る手間がかかりません。一方、買い取りは車を売る手間がかかりますが、その分買取価格は高いです。

つまり、「車の売却に手間をかけたくない人」は下取りを、「手間がかかってもいいから車を高く売りたい人」は買い取りを選べばよいということになります。

もし、あなたが高価買取を目指して買い取りを選ぶのであれば、これから解説する「一括見積もり査定」を利用しましょう。なぜなら、これを利用することで「より高値で」「より簡単に(手間がかからない)」愛車を売却することが可能だからです。

なぜ、一括見積もり査定を利用することでこのような恩恵が得られるのでしょうか。その理由について、以下で解説します。

通常の買い取り

通常、買い取りを利用する際は自分で中古車買取業者に愛車を持ち込んで査定してもらうことになります。このとき、1社だけに査定をお願いして車の売却を即決してしまう人もいるでしょう。しかし、下取りに比べれば高値で買い取ってもらえるとはいえ、1社のみの査定では買取価格がその業者の言い値になってしまいます。

そこで、より高く愛車を売るためには複数の業者に査定を依頼する必要があります。これにより、複数の業者の中から最も高い買取価格を提示してきた業者を選べるため、より高い金額で愛車を売却することができます。

買い取り査定を複数で受けるイメージ

一括見積もり査定を利用した買い取り

一括見積もり査定を利用すると、複数の業者の中から最も高い買取価格を提示してきた業者を選べることに加え、買取業者同士を競わせることができます。

一括見積もり査定では、一度に複数の業者に査定を依頼していることが買取業者に伝わるため、あなたの車を買い取ろうと業者同士で競り合います。例えるなら、あなたの車がオークションにかけられたような状態です。

他社に競り負けるということは、商品である中古車を仕入れる機会を失うことを意味します。そのため、各業者はあなたの車を買い取ろうと最大限努力し、出せるギリギリまで高い買取査定額を提示してきます。

一括査定により業者同士が競り合い買い取り価格が上がることにより、あなたが自分の足で一軒一軒の買取業者を回って査定をしてもらうよりも買取価格が上がります。しかも、一括で査定を受けられるため手間がかかりません。買取価格が上がり、手間も減らせる一括見積もり査定は、まさに理想的な中古車の売却方法だといえます。

一括見積もり査定では、インターネットを介してあなたの車の情報が中古車買取業者に伝わるため、わざわざ店頭まで車を持ち込む手間がかかりません。情報は一度入力するだけで済みますし、入力にかかる時間も5分程度です。その上、買取業者があなたの元まで訪問査定に来てくれます。

愛車を売却する際は、手間がかからず買取価格の高い一括見積もり査定を利用しましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。