愛車を中古車買取業者に売却した後、なんらかの理由や心境の変化によって契約を取り消したいと考える場合があります。その中で多いのが、「他の買取店のほうが高値で買い取ってくれるから」というものです。

買取業者からしてみれば、客側(車を売る側)の勝手な都合で契約を取り消されるのは非常に迷惑な話です。車を買い取る際に人件費や運搬料などの費用がかかるため、契約を取り消されてしまうと買取業者は損失を被ることになります。そのため、契約を取り消したいと言ってもそう簡単には応じてもらえないでしょう。

私たちが普段の生活で交わす契約のほとんどはクーリングオフ制度による契約キャンセルが可能です。しかし、クーリングオフ制度は消費者を守るための制度なので、車を売却する側である売り手側には適用されません。そもそも、車の売買にはクーリングオフ制度が適用されません(一部特例を除く)。

このような理由があるため、車の売却契約を取り消すことは容易ではありません。しかし、契約の取り消しが不可能なわけではありません。相手の業者や車の売却手続きの進行度合い(タイミング)によっては、契約を取り消すことが可能です。

今回は、「契約のキャンセルが可能かどうかを左右するポイント」について解説した後、「売却手続きの進行度合いごとに、契約をキャンセルする方法」について詳しく説明します。

買い手がつく前であれば、契約のキャンセルがしやすい

愛車を売却した後の契約のキャンセルが可能か否かのポイントは、売却手続きの進行度合いによって変わってきます。さらに詳しく言えば、「買取業者に売った車に買い手がついているか」というのが重要になってきます。

買取業者に車を売却した後、その車に買い手がついていなければ契約をキャンセルできる確率は高いです。売却した車に買い手がついていなければ、車の所有権は買取業者にあります。そのため、車を買い取った中古車買取業者が納得してくれれば、契約のキャンセルが認められます。

しかし、売却した車に買い手がついていた場合は契約のキャンセルが難しくなります。この場合、契約をキャンセルするためには買取業者と買い手の双方を納得させなければなりません。

買い手側からすれば、第三者である元の持ち主(売り主)から急に契約のキャンセルをお願いされても到底納得できる話ではありません。

 

例えば、あなたが中古車を購入した後、いきなり中古車販売店が「元の売り主が契約をキャンセルしたいと言っているので、その車を返してください」と言ってきたらどう思うでしょうか。

「そんな話がまかり通るわけがない。この車は私のものだ」と思うはずです。既に買い手が購入、もしくは契約している車に対して契約をキャンセルするというのは、これと同じことです。

もしこの状況で無理に契約をキャンセルすれば、買取業者は顧客(買い手)からの信用を失います。買い手側からすれば、契約キャンセルの原因が元の売り主にあるかどうかは関係ありません。「買取業者から急に契約を取り消された」ということになるため、買取業者のイメージ、信頼度が下がります。

このような理由から、既に買い手がついてしまっている場合は契約のキャンセルが非常に難しいです。ただ、「どうしても契約をキャンセルしたい」という場合には、1つだけ方法があります。これについては、「④契約をした後、車も必要書類も渡している」の項目で解説しています。

契約キャンセルの可・不可は、売却手続きの進行度合いによる

先ほども述べたように、契約のキャンセルが可能か否かは、売却手続きの進行度合いによって変わります。買い手がつく前の段階であれば、契約のキャンセルが可能である確率が高いです。

では、具体的にどの段階までなら契約のキャンセルが可能なのでしょうか。以下で詳しく解説します。

①口頭契約

まず、契約を交わす前の段階である口頭契約から解説します。中古車買取業者から査定を受けた際、「契約は交わしていないが、車を売ると業者に言ってしまった……」という場合が口頭契約にあたります。

この段階であれば、契約のキャンセルが可能な確率は限りなく100%に近いです。単なる口約束であり、契約書を取り交わしていないので契約を証明するものがないからです。また、この段階では買取業者が車の買い取りに対する行動を起こしていないため、契約破棄によって損失を被ることはありません。

そのため、ほとんどの場合はスムーズに契約のキャンセルが承認されます。ただ、買取業者のなかには「あなたが車を売却すると言うので、既に買い手を見つけている。今さら売却を取りやめられても困る」というような文言で迫ってくる業者も存在します。

もし、このようなことを言われたとしても、相手の言い分に応じる必要はありません。たいていの場合は噓であり、キャンセル防止のために言っているだけです。まだ車が買取業者の手に渡っていない段階で、勝手に車を売却するということは基本的にありません。

そもそも、契約をしていないのに勝手に行動している買取業者が悪いです。この時点では買取業者は損失を被っているわけではありませんし、車を売る気がないと言っている人にしつこく迫っても業者にとって時間の無駄です。そのため、車を売るように迫られても、断り続ければあきらめてくれます。

②契約はしたが、車も必要書類も渡していない

この段階からは、正式に契約を取り交わしてしまったことになるため、契約から時間が経つにつれて徐々に契約のキャンセルが難しくなります。

「車も必要書類も渡していない段階であれば、まだ本格的に契約したことにはならない。仮契約のようなものだ」と思っている人がいますが、その認識は正しくありません。

契約書を取り交わしている以上、契約は成立しています。車や必要書類を渡しているかいないかは関係ありません。

このように聞くと、契約をした以上キャンセルは不可能かのように思えますが、まだ買い手がついていないので契約をキャンセルできます。

車が買取業者の手に渡っていない段階では、買い手が決まることは基本的にありえません。想像してみると分かりますが、購入しようとしている車の現物を見ずに購入を決める人はほとんどいないからです。

買い手がつく前であれば、ほとんどの買取業者は契約のキャンセルを承認します。ただ、一度交わした契約を一方的にキャンセルすることになるので、こちら側に非があります。

相手が大手中古車買取業者であっても、対応しているのは一人の人間です。契約のキャンセルを申し出るときは、「申し訳ない」という気持ちを持って真摯に対応することが重要です。

③契約をした後、車は引き渡したが必要書類は渡していない

必要書類をまだ渡していないということは、契約からまだ日数が経過していないと考えられるため、買い手がついていない可能性が高いです。したがって、この段階であっても買い手が決まっていなければ契約のキャンセルは可能です。

この場合も、先ほどと同じくキャンセルする側に責任があります。当然ながら、買取業者に引き取られた車はキャンセルした側が引き取りにいかなければなりません。

稀に、「自分はお客様なんだから、わざわざ引き取りに行く必要はない」と考えている人がいますが、買取業者側からみるとお客様ではありません。この認識を間違えて横柄な態度で契約のキャンセルを申し出るとうまくいきません。

それは、契約のキャンセルを承認してくれる可能性が下がるからです。こちらが迷惑をかけているにも関わらず、自宅まで車を運ぶ陸送費まで負担させるのでは相手が納得しません。ただし、こちらから車を引き取りに行くと言えば、契約のキャンセルを承認してくれる確率が上がります。

買取業者が引き取った車が、まだ店舗の敷地に置いてある場合は上記の対応で済みます。しかし、車を売るためにオークション会場まで運ばれてしまった後だと少々大変です。

買い取った車を保管するのにもお金がかかるため、買取業者の多くは買い取ってからすぐに売却するためにオークション会場まで車を運んでしまいます。

車が運ばれてしまうと、キャンセルできたとしても買取業者の店舗とオークション会場との往復にかかる車の運搬費用の負担は避けられません。

④契約をした後、車も必要書類も渡している

この段階までくると、契約のキャンセルをするのは難しくなってきます。③の状況よりもさらに時間が経過していると考えられるため、買い手がついてしまっている可能性が高いからです。

また、契約書の紙面に「車と必要書類を引き取り後は、契約のキャンセルを受け付けない」という文言が表記されている場合には、契約のキャンセルがより難しくなります。

しかし、契約のキャンセルをできるかどうかの分かれ目は「買い手の有無」に左右されます。そのため、買い手が決まっていなければ③と同じように対応することで契約のキャンセルが可能です。

ただ、時間が経っている分、車をオークション会場まで運んでいる確率が高いです。その場合は、車の運搬費用の負担を覚悟しましょう。

車に買い手が決まってしまっている場合は、残念ながら契約のキャンセルができる望みは薄いです。先ほども述べたように、買取業者が無理に契約をキャンセルすれば、顧客(買い手)からの信用を失います。本当に買い手が決まってしまっている場合は、契約のキャンセルはあきらめるしかありません。

ただ、本当は買い手がついていないのに「買い手がついているのでキャンセルは無理です」と言ってくる業者がいます。このように言われるとほとんどの人は引き下がるため、殺し文句としてよく使われる言葉です。

買取業者からすれば、契約を取り消されることは損害以外の何物でもありません。言うまでもなく、契約キャンセルの申し出を取り下げてもらうことが業者にとって最善です。そのため、契約のキャンセル防止のために上記のようなことを言ってくる買取業者は多いです。

そこで、本当に買い手がいるのかを判別するために、「買い手との間で取り交わされた契約書」を確認しましょう。契約書を見せてきた場合は、本当に買い手が決まっていることになるため、契約のキャンセルはあきらめるのが賢明です。

もし、それらしい理由をつけて契約書を見せてこない場合は、本当は買い手が決まっていない可能性が高いです。キャンセル防止のために買い手の存在を作り上げているだけなので、買取業者が「言い合っても時間の無駄だ」と思って折れてくれるまで何度も交渉することで、契約のキャンセルを承認してくれる可能性があります。

ちなみに、既に買い手がついてしまった場合でも契約をキャンセルする方法が1つだけあります。それは、「損害分のお金を支払うこと」です。ただ、買取業者と買い手の双方が被る損害分を支払うことになるので、かなりの出費を覚悟する必要があります。

金銭的に損をすると分かっていながら契約をキャンセルする人は滅多にいないと思いますが、「金銭的なことではなく、なんらかの事情によってどうしても車を売るわけにはいかなくなった」という場合はお金で解決することができる場合もあります。

そもそも、契約のキャンセルはあってはならない事

ここまで、車を売却した後に契約をキャンセルする方法について解説しました。上記の内容をまとめると、「売却した車に買い手がついていなければ、基本的には契約のキャンセルが可能である」ということになります。

ただ、買取業者が車を引き取った後に契約をキャンセルする場合は、陸送費を負担することになるかもしれないことを頭に入れておきましょう。

とはいえ、②の段階(車も必要書類も渡していない)を過ぎてから契約をキャンセルする人は少数です。契約をキャンセルしたことにより、損害分を請求されることを心配する必要はないでしょう。

しかし、自分が納得して契約したにもかかわらず、「他の買取業者のほうが買取価格が高いから」などの理由で契約をキャンセルするというのはよくありません。相手の買取業者に損害を与えることになりますし、あなた自身も決して気持ちの良いものではないはずです。

契約をキャンセルせずに済むように、「本当に納得しきれていないのなら契約書にサインをしない」よう心がけましょう。そのほうが精神的・金銭的に損をせずに済みます。

1社のみではなく、複数の中古車買取業者から査定を受けるのであれば、全ての査定を受け終わるまでは契約しないようにしましょう。各社から見積もりを取って見比べ、見積もり価格の最も高い買取業者と売却契約を交わすのが得策です。そうすれば、契約後のキャンセルなどの余計なトラブルから回避できます。

ちなみに、複数の買取業者から見積もりを取る際は「一括見積もり査定」を利用すると便利です。

一括見積もり査定では、愛車の情報を一度入力するだけで、インターネットを介して買取業者に情報が伝わります。そのため、手間をかけずに複数の中古車買取業者から査定を受け、見積もりを取ることができます。

また、査定を受ける際は買取業者があなたの元まで訪問査定に来てくれるため、買取業者の店舗まで出向く必要がありません。

車を売却する際は、自分の足で買取業者を何軒も回って査定を受けるのではなく、一括見積もりを利用して売却の手間を減らしましょう。そして、買取金額を見比べて自分が納得できる金額を提示してきた買取業者と売却契約を結びましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。