あなたは「ディーゼル車」と聞いて、どのようなイメージを抱くでしょうか。

ディーゼル車の排気ガス規制が厳しくなる前は、黒煙を出していたため「環境に悪い」「人体に有害だ」という悪いイメージが抜けない人もいるでしょう。

しかし、このような事態を改善しようと年々排気ガス規制は厳しくなったため、ディーゼル車から黒煙がまき散らされることはなくなりました。

それどころか、環境性能と走行性能を高次元で両立する「クリーンディーゼル車」は、通常のガソリン車より環境に優しいのです。特に、「マツダ SKYACTIV-D」の燃費と環境性能は世界最高水準です。

もともと、ディーゼル車は主にヨーロッパで普及している車でした。これは、ディーゼル車が大気汚染の原因だという悪いイメージがなく、ディーゼル車の存在が根絶されることがなかったためです。そのためヨーロッパでは、ディーゼル車は時代とともに進化し自然と普及していきました。

一方、日本ではディーゼル車は大気汚染の原因だというイメージが強く、ディーゼル車の存在には否定的でした。さらに、1999年に東京都で施行された「ディーゼル車NO作戦」により、ディーゼル車は環境に悪いというイメージに拍車がかかりました。

そのため日本ではディーゼル車の売れ行きが悪く、日本の自動車メーカーはディーゼル車の販売に対して力を入れていませんでした。しかし、時間の経過とともに技術のレベルが向上し、ディーゼル車の排気ガス問題は解決できるようになりました。

そして、マツダ社がクリーンディーゼル車をブランドイメージ商品として宣伝・販売したことをきっかけに、日本でもディーゼル車に対する関心が高まってきました。

それと同時に、車の雑誌やテレビCMなどでディーゼル車の燃費性能をアピールしたため、「ディーゼル車は低燃費」というイメージが世間に浸透しました。

しかし、ディーゼル車が優れている点はこれだけではありません。ディーゼルエンジンは低速域から大きな出力を発生するため、エンジンとアクセルを踏む右足が直結したような一体感を楽しむことができます。

つまり、自分の思った通りに車を加速させることができるということです。出力の低い車では、思ったように車を加速させられず、ストレスを感じます。

なぜ、クリーンディーゼル車は燃費が良く、走りを楽しむことができるのでしょうか。今回は、「ディーゼルエンジンの仕組み」と「ディーゼル車のメリット・デメリット」について解説していきます。

ディーゼルエンジンの仕組み

ディーゼル車は燃料に軽油を使用し、ディーゼルエンジンを動力とする車です。また、軽油は車に使われている燃料の中で最も安いです。

ディーゼルエンジンは、通常のガソリンエンジンとは仕組みが異なります。どのような違いがあるのかを知るために、まずガソリンエンジンの仕組みから解説します。​

①吸気工程:

吸気バルブが開きピストンが下がることにより、ガソリンと空気の混合気(混ざった気体)がシリンダー内に吸い込まれます。

②圧縮工程:

ピストンが上昇し、混合気が圧縮されます。このとき、混合気を燃焼室に密閉するために吸気・排気バルブは閉じています。

③燃焼工程:

点火プラグに電気が流れ、圧縮された混合気に点火します。燃焼した勢いにより、ピストンが押し下げられます。

④排気工程:

排気バルブが開きピストンが上昇することで、燃焼後のガスが外に押し出されます。

以上がガソリンエンジンの仕組みです。それでは次に、ディーゼルエンジンがどのように動いているのかを見てみましょう。​​

①吸気工程:

吸気バルブが開きピストンが下がることにより、「空気のみ」がシリンダー内に吸い込まれます。

②圧縮工程:

ピストンが上昇し、空気が圧縮されます。このとき、空気を燃焼室に密閉するために吸気・排気バルブは閉じています。圧縮された空気は約600℃と高温になります。これは、気体は圧縮するほど高温になるという特性によるものです。

③燃焼工程:

圧縮により高温になった空気に燃料(軽油)を噴射します。空気がもつ熱により、燃料が自己着火(勝手に燃える)して燃焼し、ピストンが押し下げられます。

④排気工程:

排気バルブが開きピストンが上昇することで、燃焼後のガスが外に押し出されます。

以上がディーゼルエンジンの仕組みです。ガソリンエンジンと異なる点は、以下の2点になります。

・ガソリンエンジンはあらかじめ混合気の状態でシリンダー内に入ってくるが、ディーゼルエンジンは空気のみを取り込む。

・ガソリンエンジンは点火プラグにより電気的に点火するが、ディーゼルエンジンは圧縮による熱を利用して燃料を自己着火させる。

ガソリンエンジンのとディーゼルエンジンには、このような仕組みの違いがあります。これらをふまえて、なぜディーゼルエンジンは燃費が優れているのかを解説していきます。

ディーゼル車の燃費がいい理由とメリット

ディーゼルエンジンは特性上、ガソリンエンジンに比べて低速域から大きな出力を発生します。これは「圧縮比」が高いためです。圧縮比とは、気体をどれだけ圧縮するかの比率のことです。

先ほど解説したように、圧縮工程ではピストンが空気を押し上げ、圧縮します。このとき、気体を圧縮する割合が高いことを「圧縮比が高い」、または「高圧縮」といいます。圧縮比が高いほど、爆発力が上がるので出力が向上します。

例えば、注射器の先端を塞いだ状態でピストンを「半分押す」のと「4/5まで押す」のとではどちらの方が大きな力を必要とするでしょうか。当然ですが、後者のほうが大きな力を必要とします。ただ、その分ピストンを押し戻す力も大きくなります。

つまり、圧縮比が高いほどエンジン1回転あたりに得られる出力が向上します。ディーゼルエンジンはガソリンエンジンの約2倍の圧縮比に設定されているため、排気量が同じであればガソリンエンジンのおよそ半分の回転数で同じ出力を発生させることができます。

エンジン回転数が低いほど燃料消費が抑えられるため、およそ半分の回転数で走行するディーゼル車はガソリン車に比べ、燃料の消費が少ないのです。

また、高圧縮により出力が向上するため、1ランク上の排気量のエンジンを積んでいるような加速感が得られます。例えば2.0Lのディーゼル車の場合、ガソリン車の3~3.5Lクラスに匹敵する加速を感じられます。

高圧縮によりこれだけの恩恵が受けられるため、「ガソリンエンジンでも同様に圧縮比を上げてしまえばいいのではないか」と疑問に思う人がいると思います。

しかし、ガソリンエンジンは空気ではなく、混合気を圧縮しています。先ほど述べたように、気体は圧縮するほど温度が上がります。そのため、混合気をあまり強く圧縮してしまうと意図しないところで自己着火してしまいます。ディーゼルエンジンは空気を圧縮しているため、燃料を噴射しない限り自己着火はしません。そのため、圧縮比を高くすることができます。

ピストンが上昇している途中で燃料の自己着火が発生すると、エネルギーが衝突してしまいます。このような現象を「ノッキング」や「プリイグニッション(早期着火)」といい、エンジンが壊れる原因となります。

ちなみに、圧縮比は10や14など数字で表記されます。例えば、圧縮比10はシリンダー内の気体を1/10まで圧縮しているということです。

ガソリン車の圧縮比は7~11あたりに設定されています。一方、ディーゼルエンジンは圧縮比14~20とかなり高圧縮な設定です。

高圧縮により大きな燃焼エネルギーが発生するため、それに耐えられるようにエンジンが頑強に設計されています。そのため、ガソリン車では寿命がおよそ10万kmとされているのに対し、ディーゼルエンジンは30万km以上もつとされています。

ディーゼル車とハイブリッドカーの比較

「燃費のいい車」ということで、ディーゼル車はハイブリッドカーと比較されることが多いです。結論を言えば、どちらが燃費で優れているかは走行する場所や条件によって変わります。

ハイブリッドカーはモーターに助けを借りて低燃費を実現しています。しかし、高速道路や自動車専用道路など、高速域で走行する際にはモーターの出力が足りません。モーターも同時に駆動してはいますが、走行に必要な出力のほとんどはエンジンに頼ることになります。

ハイブリッドカーはバッテリーやモーターなどを搭載しているため、車両重量が重いです。そのため、モーターを積極的に活用することの難しい高速域では重たい車をエンジンで走らせていることになり、燃費が悪化してしまいます。つまり、ハイブリッドカーは高速域での走行にはあまり向いていないのです。

また、ハイブリッドカーは発進の際にモーターを動力とすることでガソリンの消費を抑えています。ただ、アクセルを踏みすぎるとコンピューターが「もっと出力が必要だ」と認識して、エンジンを稼働させてしまいます。

そのため、発進の際にエンジンを稼働させないようにアクセルの踏み加減に気を遣います。このような運転を「エコ運転」といいます。

その代わり、街中など低速域での走行ではモーターの助けを借りることができるので、非常に燃費がいいです。以上のことから、ハイブリッドカーは「主に街乗りで車を運転する人」に適した車であるといえます。

一方で、ディーゼル車はモーターとエンジンというように動力を分けていないため、気を使って運転しなくても燃費にそれほど差が出ることはありません。エンジンの燃費性能が優れているので、高速域であっても低燃費を維持することができます。また、ディーゼルエンジンは低速域から大きな出力を発生するので、坂道や峠道なども快適に走行することができます。

それだけでなく、ディーゼル車は上記のような「エコ運転」を意識する必要がありません。

街中など、低速走行時の燃費ではハイブリッドカーに一歩譲りますが、ディーゼル車はどんな場所を走行しても燃費が安定していることがメリットです。

実際にディーゼル車を運転した感想

私は「BMW 320i」(ガソリン車)と「BMW 320d」(ディーゼル車)というエンジン以外ほぼ同じ車である2台を運転したことがありますが、ガソリン車に比べてディーゼル車のほうが低速域からの加速性能に優れていました。また、アクセルを踏んだ時の反応(レスポンス)も良かったです。

次に高速道路を走行した感想ですが、ディーゼル車のほうが低い回転数で走れる分、運転時の疲労感が少ないと感じられました。また、高速道路を降りてから給油すると、ディーゼル車はガソリン車の2/3ほどの給油量で済みました。

※走行ルートはほぼ一緒ですが、別の日に走行したので全く同じ条件ではありません。

BMW 320i

これらの車とは別に、友人が所有するディーゼル車「マツダ デミオ」を運転したこともあります。そのときは峠道をドライブしました。アクセルを踏んだ時の反応がいいので、カーブからの脱出がスムーズで力強く、グイグイと車体を引っ張る加速感は運転していて非常に楽しく感じました。私がもし車を購入するとなれば、ディーゼル車を選ぼうかと思ったほどです。

このように、ディーゼル車は燃費性能に優れるだけでなく、運転を楽しむこともできます。「高速道路や自動車専用道路を走行する機会が多い人」「低燃費で、運転していて楽しい車が欲しい人」「耐久性の優れた車を求めている人」にとってディーゼル車は最適な選択であるといえます。

ディーゼル車のデメリット

ここまでディーゼル車のメリットを挙げてきましたが、ディーゼル車のデメリットはどのような点なのでしょうか。以下で解説していきます。

①振動や騒音が大きい:

先ほど述べたように、ディーゼルエンジンは圧縮比が高いです。圧縮比が高いということは、エンジン内で起こる燃焼エネルギーが大きくなるということを意味します。そのため、出力が大きい反動として、エンジン本体の振動と騒音が大きくなってしまいます。

特にアイドリング時に感じることが多いですが、ガソリン車に比べると少し振動が多く感じられることがあります。また、騒音も通常のガソリン車より若干大き目です。

ただ、私がディーゼル車(BMW 320d)を運転した時は、それほど気になりませんでした。振動や騒音が心配な人は、購入を検討している車種に試乗して確かめることをお勧めします。

②エンジンが重い:

上記の通り、ディーゼル車は高圧縮ゆえに燃焼エネルギーが大きいです。そのため、大きな燃焼エネルギーに耐えられるようにエンジンの肉厚を増やして耐久性を高めています。

その結果、エンジンの重量がガソリンエンジンに比べ、50~100kg程度重くなってしまいます。燃費の悪化や運動性能の低下(加減速に時間がかかるなど)を招くため、車体重量が増えること自体好ましくありませんが、エンジン本体が重くなることにより車体の前後重量バランスが悪くなってしまいます。

これにより、操縦性(ハンドル操作に対する反応)の悪化が懸念されます。エンジンが車体前方に搭載されている場合、車体前方が重くなりカーブを曲がりづらくなります(アンダーステア)。エンジンが車体後方に搭載されている場合、車体後方が重くなりカーブでスピンしやすくなります(オーバーステア)。

ただ、これらの性質は一般道での速度域ではあまり問題になりません。実際、私がディーゼル車を運転したときは気になりませんでした。

③高回転まで回すのは苦手:

低回転からの力強い走りはディーゼル車の魅力です。しかしその代わりに、高回転までエンジンを回すことは得意ではありません。

そのため、「エンジンを高回転まで回して走るのが好きなんだ」という一部のマニアな人にとっては少し物足りないかもしれません。実際、車が好きな人のなかには「エンジンが高回転まで吹け上がるのがたまらない」という人もいます。

ただ、低回転域を使って走れるように自動車メーカーが適切な設計を施しているので、走行性能的には問題ありません。あくまで、「高回転までエンジンを回したい人」にとって物足りないというだけです。

④排気ガスの処理が難しい:

先ほど解説したように、ディーゼルエンジンは高圧縮を利用して自己着火させるという仕組みになっています。ただ、この仕組みには「不完全燃焼が生じる」という問題があります。不完全な燃焼により、スス(PM)や窒素酸化物(NOx)が発生しやすくなります。

ススや窒素酸化物は大気汚染や酸性雨の原因になり、地球環境や人体に有害なものとなります。このような理由から、1999年に東京都で「ディーゼル車NO作戦」が施行されました。

当時、都知事であった石原慎太郎氏が、ディーゼル車の排気ガスに含まれる黒い物質の入ったペットボトルを振っている様子がニュースで大きく取り上げられました。

これを発端に、ディーゼル車の排気ガス対策は厳しくなりました。しかし、自動車メーカーは日々研究を重ね、排気ガスの問題をクリアすることに成功しました。

従来のディーゼル車はススや窒素酸化物を処理することが難しく、石原氏のデモンストレーションの効果もあってイメージの悪い物でした。

しかし、現在のディーゼル車では排気ガスを出す部分のマフラーの触媒(フィルター)が進化し、排気ガスはガソリン車と同等のレベルにまでクリーンになっています。

⑤エンジンにコストがかかるので、車両価格が高い:

ディーゼル車には高圧縮に耐えられるエンジンと、排気ガスを浄化する複雑な装置の2つが必要です。ガソリン車には必要のないこれらの部品を装備するため、コストがかかり車両価格が上がってしまいます。

そのため、同じような車格(同じようなサイズ)のガソリン車に比べ、ディーゼル車の車両価格は数十万円ほど高い設定になります。例えば、「マツダ デミオ」では以下のような価格差があります。

出典:マツダ

マツダ デミオ 13C 2WD(ガソリン車) マツダ デミオ XD 2WD(ディーゼル車)
¥1,350,000(税込) ¥1,782,000(税込)

グレードの違いで価格差が出てしまうことを防ぐため、同じグレード同士で比較しています。

ガソリン車に対して、ディーゼル車は¥432,000の値上げになるため、「これだけの価格差があるのだから、ガソリン代で元をとらないと!」と思うかもしれません。しかし実際には、「ガソリン代で車両価格差を取り戻すには5~10万kmまで車を乗り続けなければならない」というデータがあります。

日本の自家用車の年間平均走行距離は1年で1万kmとされているので、5~10年は車を乗り続けなければならないということになります。

「ガソリン代だけ」で考えると、元をとるのは難しく感じられます。しかし、ディーゼル車は出力が大きく(トルクがある)耐久性に優れています。そのため、車の性能を考慮すれば十分に元はとれています。

ディーゼル車の注意点

ディーゼル車を所有する上で、1つ知っておくべきことがあります。それは、「軽油は凍る」ということです。ガソリンは凍ることがありませんが、軽油は凍ることがあります。

軽油が凍ると燃料を噴射することができないため、エンジンが始動できなくなります。車が走行中であればエンジンの熱があるので凍ることはありませんが、長時間駐車していると凍ることがあります。

実は、軽油は販売している地域によって成分が少し異なります。凍らないよう添加剤を加えており、マイナス何℃まで耐えられるかによって5種類に分けられています。

そのため、基本的には軽油が凍って困ることはありません。ただ、車で出かける際に出発地点より目的地の気温が低い場合、軽油が凍る可能性があります。

例えば、関東から北海道などの寒冷地に移動した場合、車に入っているのは関東の気温に対応した軽油です。そのため、寒冷地に入ると軽油が凍ることがあります。

このような事態を避けるため、寒冷地に到着したら現地のガソリンスタンドで給油するようにしましょう。寒冷地で販売されている軽油は、その地域の気温に対応した添加剤が加えられているため、給油することで凍結を防止することができます。

ちなみに、凍るといってもカチカチの氷のようになるわけではありません。そのため、寒冷地で軽油が凍ってしまったとしても、車を日光に当てていれば溶けてエンジンを始動できることがあります。

ディーゼル車に買い替えたい

ここまでの解説によって、低燃費でありながら走りを楽しむことができるディーゼル車の魅力が伝わったでしょうか。

もしあなたがディーゼル車に魅力を感じたのであれば、最寄りのディーラーで一度試乗してみてください。そのとき、低回転から湧き出る出力(トルク)による加速感に運転の楽しさを感じたのであれば、思い切ってディーゼル車に乗り換えてみてはどうでしょうか。

もし、ディーゼル車への買い替えを検討しているのであれば、いま乗っている車を売却すると思います。その際、車を高値で売ることができれば次に購入するディーゼル車の購入資金にあてることができます。つまり、新車を安く購入できます。

車を売るときは、新車を購入予定のディーラーで下取り査定に出すのが一般的です。しかし、ディーラーでの下取り査定では高価買取は望めません。なぜなら、ディーラーは車を売ることで利益を出しているため、中古車の買取はディーラーにとって大きな利益にはならないからです。

そのため、ディーラーは中古車の買取に力を入れておらず、下取り査定に出しても高値で買い取られることはほとんどありません。

また、ディーラー1社だけで下取り査定をお願いすると車を買い取ろうとする競合他社がいないため、下取り価格の決定権がディーラーにゆだねられることになります。

しかし、複数の買取業者に査定を依頼することで中古車の買取価格の決定権はあなたのものになります。ただ、複数の業者を一社ずつ探して買取査定を依頼するのは大変な労力と時間を要します。

そこで、「一括見積もり査定」を利用することで、一度に複数の業者から見積もり査定を受けることができます。

一括見積もり査定では、インターネットを通じてあなたの車の情報が買取業者に伝わります。そのため、一度車の情報を入力するだけで何社もの買取業者に査定をしてもらえます。

また、複数の買取業者に査定をしてもらえるため、買取価格を業者同士で競争させることができます。つまり、オークションで複数の入札者が競り合うと値段が上がるように、業者同士で競り合いが起こって買取査定額が高くなります。

私の友人の実例として、ディーラー下取りに出したところ10万円の価値にしかならなかった車が、一括見積もり査定を利用することで31万円の買取査定額になったことがあります。複数の業者に競争させたことで、ディーラー下取りより21万円も高く車が売れたのです。

ちなみに、ディーラーは新車を販売するためのサービスとして、自社で下取りに出したお客様に対して新車の値引きをすることがあります。値引きが大きかった場合はディーラー下取りが得になることもあるので、車を売るつもりがなくても、新車購入見積もりを取っておくほうがいいでしょう。

低燃費であることに加え「走りの楽しさ」を求めているのなら、ディーゼル車は最適な車といえます。いま乗っている車を一括見積もり査定に申し込み、高値で売却し、その資金を元にディーゼル車を安く購入して力強い走りを楽しみましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。