車を所有する以上、必ず買い替える時期が訪れます。そして、車を買い替えるときには大きな費用がかかります。車を買い替える頻度はそう多くないため、あまり意識することはないかもしれませんが、長い目で見れば相当な費用がかかっています。

長期的な話をすれば、車を賢く買い替えて経済的に人生を送ってきた人と、あまり気にせずに車に費用をかけてきた人とでは、老後の貯金額に差ができるといえます。

ここまで長期的に考えなくても、車の買い替え費用を安くすることで貯金が増え、普段の生活に少し余裕を持つことができます。継続的に行えば、貯金額はさらに増えていくでしょう。

では、どのようにして車の買い替え費用を安くすればいいのかというと、「高値で売れる車を購入する」です。

車が高値で売れれば、売却額を次に買う車の購入資金に回すことができます。売却額が大きいほど出費を抑えられるため、結果的に貯金額を減らさずに済みます。

例えば、新車の購入資金が300万円だった場合、前に所有していた車が高く売れて売却額が100万円なら車の買い替え費用は200万円です。もし、車が高く売れずに売却額が50万円だった場合、買い替え費用は250万円になります。

今回の例で言えば、車が高く売れないことで50万円余計な出費がかかります。高値で売れる車を購入していれば50万円分出費が抑えられ、貯金を減らさずに済みます。

このように聞くと大袈裟に思われるかもしれません。しかし、購入時は新車価格の同じ車であっても選んだ車種によっては50万円の差がつくことは本当にあります。50万円はいかないまでも、10~20万円の差がつくことはざらです。

今回は賢い車選びのために、「高く売れる車の特徴」を解説します。

高く売れる車の特徴とは

車の買い替え費用を安く抑えるためには、高値で売れる車を購入することが大事だと分かりました。売却するときにどのくらいの価値があるのかを「リセールバリュー」といい、日本語に直すと再販価値という意味になります。

リセールバリューについて詳しく言えば、新車購入時から3年経過した車にどのくらいの価値が残っているかを残価率(%)で表したものです。

なお、国土交通省が発表する日本国内の自家用車の年間平均走行距離が1万kmであるため、3年経過した車の走行距離は3万kmが基準となります。

一般的には、新車購入時から3年・3万km経過した車の価値は新車価格の40~60%程です。これよりも高ければリセールバリューが良い、低ければリセールバリューが悪いといえます。

以下で、リセールバリューの良い車に見られる特徴を解説していきます。

万人受けする車種・グレードは買取価格が高い

世の中で販売されている商品の価格は需要と供給の関係で決まります。需要(人気)がない商品は値段が下がり、需要のある商品は値段が上がります。

当然、中古車も同じです。人気のある車種・グレードを選ぶことで、将来車を売却するときに高い買取価格が期待できます。

例えば、誰でも知っている「トヨタ プリウス」は、新車販売台数で継続的にトップを獲り続けていて人気が非常に高いです。このような人気車種であれば、需要が高レベルで安定しているので間違いなく高値で買取されます。また、人気車種であることに加え、人気の高いグレードを選択すると更なる高額査定が期待できます。

ここで1つ注意して欲しいのが、「最高グレードが必ずしも人気グレードではない」という点です。最高グレードなので極端な安値がつくことはないですが、最も人気の高いグレードに比べるとリセールバリューが下がる可能性があります。

グレードが高いということは車両価格が高くなります。豪華な装備やオプションパーツは必要ないと考えている人にとっては、無駄に高い車ということになり、購入の対象から外れてしまいます。そのため、リセールバリューの良い車を選ぶのであれば「最も人気の高いグレード」を選ぶと間違いありません。

では、人気の高い車種・グレードをどうやって知ればいいのかというと、「カーセンサー」などの中古車販売サイトにある「人気車種ランキング」を観察すればいいです。ここで人気の車種・グレードに挙がっている車を選んで購入すれば、売却するときに高い査定額がつきます。

ここで、「購入した当初は人気だったけど、売る時に不人気車になってしまったらどうなるの?」という疑問が出てきます。この問題については、「長期間に渡って人気を維持している車」を選ぶことでリスクを回避できます。

話題性に富んだ奇抜な車種や流行に乗って人気を得ている車種は、時間が経過すると人気が下がってくる傾向があります。購入当初は人気車種であっても、数年後に売却するときにはあまり人気のない車種になっている可能性があります。人気がないということは、当然買取価格も期待できません。

一方、長年に渡って人気を維持している車であれば、そう簡単に不人気車種になったりはしません。長い間人気を保っているからには、話題性や流行などとは違うしっかりとした理由があるからです。燃費の良さや使い勝手の良さ、車内の広さなど、廃れることのない要素を持っています。

上記の違いを見分けるためには、その車種がロングセラーモデルなのかを調べるといいです。売れる車は生産され続け、売れ行きの悪い車は生産を打ち切られます。そのため、ロングセラーモデルということは必然的に「長期間に渡って人気を維持している車」に当てはまります。

人気の高いメーカーは買取価格が安定している

シャネルやエルメスがそうであるように、自動車メーカーにもブランド力の高いメーカーが存在します。ブランド力が高いメーカーの車種は、どんなカテゴリー(ミニバンや軽自動車など)であっても、どんな年式であっても他のメーカーよりも買取相場価格が高いです。

以下で、日本国内の自家用車メーカーのリセールバリューについて述べます。車種によってリセールバリューが異なるため、あくまでもメーカーの全体的なイメージにはなりますが参考にしてください。

※光岡自動車など、希少なメーカーに関してここでは取り扱わないのでご了承ください。

トヨタ:

リセールバリュー最強のメーカーといえば、世界に誇る自動車メーカーであるトヨタです。ミニバン、ハイブリッドカー、SUV……どのカテゴリーを見ても、買取相場価格が最も高いのはトヨタの車であることがほとんどです。

世界的に見てもここまで大規模な自動車メーカーは少なく、世界で一番信頼されている自動車メーカーと言っても過言ではありません。事実、海外の砂漠地帯など車の故障が死に結びつくような場所ではトヨタの車が使用されています。

日本国内においても、絶対的な信頼性から高い人気を誇ります。よほど奇抜な車種でない限り、トヨタの車を買っておけばリセールバリューは間違いないでしょう。

1つ欠点を挙げるとすれば、中古車の販売価格が割高なことです。中古車買取で高く売れるということは、その分中古車としての販売価格も高くなります。

日産:

「技術の日産」と言われることもある日産は、平均的なリセールバリューを持つメーカーです。コンパクトカーは「マーチ」「キューブ」「ノート」、ミニバンでは「セレナ」や「エルグランド」、SUVは「エクストレイル」が人気の高い車種です。

1つ注意が必要なのは、2006年以前に生産されていた一部の車種(主にCVT搭載車)は故障が目立つため買取価格が低い点です。新車を購入する場合は心配ありませんが、2006年以前の中古車を購入する際はよく調べてから購入しましょう。

※CVT=無段変速機。自動変速なのでオートマに分類される

ホンダ:

ホンダはリセールバリューの期待できるメーカーです。コンパクトカーは「フィット」、ミニバンでは「オデッセイ」や「ステップワゴン」、軽自動車は「Nシリーズ」が人気です。

ただ、上記を含む人気車種意外はリセールバリューが悪いです。そのため、「ホンダだから安心」とは考えずに人気車種なのかどうかきちんと調べてから車を購入しましょう。

トヨタは軽自動車を生産していないのに対して(他メーカーのOEM車種を販売してはいるが、トヨタが設計した軽自動車は存在しない)、軽自動車を生産しているところがホンダの強みです。

※OEM=他社によって作られた製品を自社ブランドとして売ること。

また、「シビック TypeR」や「NSX」などの高性能なスポーツカーを製造する技術を持つところも強みです。「エンジンのホンダ」と言われることもあり、高性能なエンジンにはファンが多いです。特に、「V-TEC」と呼ばれるエンジンを搭載する車種は高価な買取査定額がつきます。

ホンダは故障やリコールが少なく、信頼性の高いメーカーです。実際、私が所有している軽自動車の「ライフ」は、新車購入時から10年近く経ちますが一度も故障したことがありません。

マツダ:

以前までは「トヨタ、日産、ホンダの御三家に劣る」と評され、リセールバリューの悪かったマツダですが、2010年頃から新デザインテーマである「魂動(こどう)デザイン」を掲げ急成長しました。

それまでのイメージを一新して、イメージカラーである「ソウルレッドプレミアムメタリック」を設定。内外装のデザインも一気に洗練されメーカーとしての評価を上げました。

コンパクトカーは「デミオ」、スポーツカーでは「ロードスター」、SUVは「CX-3」「CX-5」、セダンだと「アテンザ」が人気の車種です。

通常、ボディーカラーは白か黒が高価買取の対象となりますが、マツダの場合はイメージカラーである「ソウルレッドプレミアムメタリック・ソウルレッドクリスタルメタリック」も買取価格が高いです。

ソウルレッドクリスタルメタリック

先ほども述べましたが、2010年以前の「魂動デザイン」になる前の車種は高価買取の対象になりません。中古車を購入する際は注意してください。

三菱:

リコール隠蔽問題や燃費データの不正問題があったため、三菱は信用を落としてしまいました。そのため、新車の販売台数は減少し中古車市場での人気も下落、リセールバリューは低いです。

ただ、人気がないため新車価格が安く、「リセールバリューを気にしない」「乗り潰す(同じ車にずっと乗り続ける)つもりだ」という場合はお買い得ともいえます。

技術力自体は素晴らしく、複雑な電子制御を用いて高次元の走行性能を実現した「ランサーエボリューション」は人気の高い車種です。しかし、残念ながら「ランサーエボリューション」は10代目を最後に生産が終了してしまいました。

新車で購入できる車種では「パジェロ」、中古車では「ランサーエボリューション」がリセールバリューの良い車種です。

スバル:

4WD車の製造を得意とするスバルは、国内では積雪地域、海外では北欧からの支持が高いです。また、運転支援システムの先駆者的存在でもあります。スバルの運転支援システム「アイサイト」の性能は高く評価されています。

車種のラインナップは少なめですが、ニーズに応えた車種を展開しているため需要は高いです。万人受けする車というよりは好きな人は好きという車が多いですが、スバルが好きな人は継続的にスバル車を買うため、リセールバリューは高めです。

スズキ:

軽自動車というカテゴリーそのものがリセールバリューに優れているため、軽自動車をメインに生産するスズキはリセールバリューの高いメーカーだといえます。

ただ、同じ軽自動車メーカーのダイハツに比べると、リセールバリューは低めです。リセールバリューを期待するのなら、ダイハツをおすすめします。

ダイハツ:

ダイハツの軽自動車は、リセールバリューが非常に良いです。軽自動車を購入する場合、ダイハツの車は候補に入れるべきでしょう。

ただ、普通乗用車はOEMであるためリセールバリューがあまり良くありません。ダイハツはトヨタの傘下なので、ダイハツが販売している普通乗用車は基本的にトヨタの車です(基本的にはエンブレムを張り替えているだけ)。「中身が同じ車ならトヨタを選ぶ」という人が多いため、ダイハツの普通乗用車は高値で売れません。

※OEM=他社によって作られた製品を自社ブランドとして売ること。

高価買取を狙うなら人気の高い色を選ぶ

中古車の買取査定では、ボディカラーが査定に影響します。人気の高い色はプラス査定、平均的人気の色はプラマイゼロ、不人気色はマイナス査定を受けます。

具体的な査定額の違いとしては、人気色であれば5~10万円ほど査定額がプラスされます。高級車では、20~30万円の差になることもあります。

では、何色が人気色なのかというと、白か黒です(パール含む)。パール色というのは、細かいパール粒子によって光に当たるとキラキラと輝く色のことです。パール色は人気が高いため、ただの白・黒よりもパールホワイト・パールブラックのほうが高い査定額がつくことが多いです。

次に、平均的人気を誇る色がシルバーです。無難な色で目立ちすぎず、汚れが最も目立たない手入れの楽な色として需要があります。ただ、市場での人気は白や黒色に比べると劣ります。シルバーはプラスにもマイナスにもならないため、査定額に影響しない色といえます。

残念ながらマイナス査定になってしまうのが、赤や青などの原色系の色です。このような色は好みが別れるため、需要が安定せず買取価格も低くなりがちです。スポーツカーなど原色系の需要が高い車種であればマイナス要素にならないこともありますが、そうでない車種の場合は5~10万円のマイナス査定になる可能性があります。

基本的には上記の通りだと考えて問題ないですが、例外も存在します。それは、イメージカラーです。先ほどマツダの説明でも少し触れましたが、マツダの車はイメージカラーである「ソウルレッドプレミアムメタリック」や「ソウルレッドクリスタルメタリック」が高額査定の対象となります。

日本国内において、マツダのようにイメージカラーを持っているメーカーは他にありませんが、車種によってはイメージカラーが設定されている場合があります。特にスポーツカーはその傾向が強く、原色系であってもプラス査定になることがあります。

愛車を高く売るためにできること

ここまで、車の買い替えにおける「車を買う」ことについて解説してきました。車を購入する際、どのような車種を選ぶべきか理解頂けたでしょうか。次は、「車を売る」ことに焦点を当てていきます。

車の扱い方において注意すべき点

リセールバリューの良い車種を選ぶことも大切ですが、車を丁寧に扱うことも同じくらい重要です。せっかくリセールバリューの良い車種を購入しても、キズだらけだったりタバコ臭かったりしては買取価格が下がってしまいます。

車を購入した後に注意したいポイントは以下の通りです。

車内での喫煙を避ける:

言うまでもありませんが、車内での喫煙は査定で大幅にマイナスになる原因です。「窓を開けて吸ってるから大丈夫」「消臭すれば問題ないのでは?」という人がいますが、完璧に喫煙の痕跡を消すのは難しいです。素人目には大丈夫そうに見えても、査定士が見れば(嗅げば)喫煙していたことが一発で分かってしまいます。

ペットの同乗を避ける:

動物病院に連れていく際など、やむおえない場合は仕方ないですが、普段からペットを車に乗せるのは控えたほうがいいでしょう。車内にペット臭がつくだけでなく、シートに毛がついてしまうからです。

動物アレルギーを持つ人は、過去にペットを同乗させた経歴のある中古車を購入候補から外します。また、アレルギーでなくてもペットを乗せていた車を嫌がる人は多いです。そのため、ペットを乗せた車は中古車として売れにくくなり、買取価格も下がってしまいます。

芳香剤を設置しない:

香りのきつい芳香剤は、人によっては悪臭に感じられます。これも中古車として売れにくくなる原因となるため、あまりに香りがきついと減額の対象となる恐れがあります。どうしても芳香剤を設置したい場合は、香りの優しいタイプのものにしましょう。

車内を汚さない、キズつけない:

車内の汚れやキズは、査定で大きくマイナスされる原因です。掃除して落ちる汚れならいいですが、飲料をこぼしたシミなど掃除しても落ちない汚れはマイナス査定になります。車内での飲食はできるだけ避けましょう。

また、荷物を雑に車内に置いていたり、アウトドア用品をがさつに積み込んだりすると車内にキズがつきます。毛布などで荷物をくるむなど、車内にキズをつけない工夫を心がけましょう。

改造しない:

「車を改造するのが好きなんだ」というのであれば個人の好みなので問題ありませんが、改造は査定額を下げる原因にはなります。

特に、極端なローダウン(車高を下げること)や極端なネガティブキャンバーをつける(正面から見てタイヤをハの字にすること)といった改造がなされている車は、買取価格が極端に下がります。

ローダウンされネガティブキャンバーのついた車 出典:みんカラ

高値で売れる車というのは、万人受けする車です。そのため、なにも改造していない純正状態の車が最も高く売れます。

ステッカーを貼らない:

何枚ものステッカーを貼っている人はそう多くありませんが、車の後ろにワンポイントでステッカーを貼っている人は意外と多いです。

ステッカーもまた好みの別れる原因となるため、買取価格が下がる原因になります。実際にはステッカーを貼ったまま中古車として売られることはありませんが、中古車販売店がステッカーを剥がすのに人件費がかかります。そのため、ステッカーを貼っていると査定で減額されます。

自分でステッカーを剥がせば問題ないですが、剥がすぐらいなら最初から貼らないほうがいいかもしれません。

なお、自分でステッカーを剥がす場合は、ドライヤーでステッカーを温めると剥がれやすいです。それでも剥がれない場合は、市販の潤滑スプレー(CRC556など)やシール剥がしをかけてふやかしてからステッカーを除去してください。

以上の6点に注意すれば、査定での評価を下げずに済みます。

高く売れる時期を狙って車を売る

中古車には、高く売れる時期というのがあります。中古車需要の高い時期は高値がつきやすく、需要の低い時期は高く売れません。そのため、車を売却するときはできる限り需要の高い時期を狙ったほうが得策です。

 

上のグラフは、中古車の需要(買取価格)の推移です。6~7月が基準となり、これよりも高ければ買取価格が高い、低ければ買取価格は安いです。

1~3月は新生活に備えて車を購入する人が多く、中古車需要が高まります。4~5月は1~3月に売れ残ってしまった中古車を在庫しているため需要が低く、買取価格も低くなります。6~7月は平均的な需要のため、買取価格は高くも低くもありません。

8~10月は夏のボーナス後に中古車の需要が高まるため、買取価格が高くなります。1~12月の年度末は中古車の需要が大きく下がるため、買取価格が大幅に下がります。

なぜなら、年度が変わると車の年式が1年経過したことになるからです。例えば、11月に中古車を買い取ると2ヶ月で車の年式が1年落ちになってしまいます。そのため、中古車買取業者は年度末に中古車を仕入れたがらないのです。

まとめ

今回は、「どういった車種が高値で売れるのか」と「車をできるだけ高値で売るためにできること」について解説してきました。今後、車を購入、もしくは買い替える(売る)ときに参考の1つにしてください。

今回解説したことを実践し、無理なく予算削減をしていきましょう。継続的に行えば、将来の貯金額を増やすことにも繋がります。

賢く車を買い替えて、充実したカーライフと家計を両立させましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。