あなたがいま所有している車は、購入してから何年経っているでしょうか。車検の前や、車が故障を起こしたときに買い替えを検討する人は多いかと思います。

最新の車種であるほど燃費は向上し、安全装備なども充実しているため、できることなら新しい車に買い替えた方がいいです。しかし、車を買い替えるとなると百万円単位の予算が必要になります。そのため、車の買い替えをせずに同じ車に長く乗るという選択をする人もいます。

しかし、同じ車にずっと乗り続けていれば、いつかは壊れて動かなくなってしまいます。いずれにしても、いつかは車を買い替える必要があります。

では、車を買い替えるタイミングはいつがベストなのでしょうか。そこで今回は「車は何年で買い換えるのがベストなのか」について解説していきます。

どのようなとき、車を買い替えるのか

そもそも、車の買い替えを考えるのはどういったときなのでしょうか。このときは、以下のような意見が多く見受けられます。

・子供が生まれたので、ミニバンなどのファミリーカーに買い替えたい

・いま乗っている車に飽きた

・いま乗っている車の燃費が悪い

・豪雪地帯に転勤になったので4WDの車が必要になった

・魅力的な車が発売された

・故障の頻度が増えてきた、車の調子が悪くなってきた

・下取り査定額が高くつくうちに車を売りたい

・車検に費用がかかるので、車検のタイミングで車を買い替えたい

この他にも、さまざまな意見がありますが、多くの人は上記のような理由から車の買い替えを検討します。

これらの意見のうち、「子供が生まれたのでミニバンが必要になった」や「豪雪地帯に転勤になったので4WDの車が必要になった」など、必要に迫られている場合はすぐに車を買い替えざるを得ません。

ただ、「いま乗っている車に飽きた」や「魅力的な車が発売された」など必要に迫られているわけではない場合、なかなか車を買い替える決心がつかない人も多いかと思います。

こういった場合、「そのまま車を乗り続けたほうが得だ」という人がいます。一方で、「車検の度に買い替えたほうが得だ」という人もいます。

実際のところ、金銭的には何年で車を買い替えるのが最も得なのでしょうか。

車を買い替えるのと乗り潰すのでは、どちらが得なのか

実は、結論から先にお伝えすると車は乗り潰す(何年も同じ車に乗り続ける)ほうが得です。

なぜ、「車検の度に買い替えたほうが得だ」という意見があるかというと、車は新車購入時から3年未満が一番高く売れるためです。3年未満であれば、新車価格の半値ほどの査定額がつきます。例えば、新車価格が300万円の車の場合、半値である150万円で下取りに出すことが可能です。

ただ、車の価値は経過年数とともに引かれていくため、3年「未満」であれば半値ほどで買い取ってもらうことができますが、3年を過ぎると車の価値は半分以下になってしまいます。具体的には、新車購入時から3年経った車の価値は6割減、5年経った車であれば価値は8割減になります。

車を買い替えた場合と乗り潰した場合の比較

車の寿命は1つの目処として、10年、10万kmといわれています。そこで、新車価格300万円の車を例に、10年で車を乗り換える(乗り潰す)場合と3年以内で車を乗り換える場合で比較してみましょう。

※買い替える車の値段を300万円と仮定して計算します。

3年以内で乗り換える場合:

10年で3回乗り換えることになるので合計450万円が必要になる。

(車の購入費が300万円×3=900万円、売却額が150万円×3=450万円、900-450=450万円)

10年で乗り換える場合:

最初の購入費だけなので300万円が必要になる。

実際には、さまざまな要素が絡んでくるので価格が多少前後しますが、この例では3年で車を乗り換えているほうが10年間で150万円損をしているといえます。

ちなみに、5年未満で買い替える場合だと車の価値は約7割減になるため、売却額がおよそ90万円になります。

5年以内で乗り換える場合:

10年で2回乗り換えることになるので合計420万円が必要になる。

(車の購入費が300万円×2=600万円、売却額が90万円×2=180万円、600-180=420万円)

3年スパンで乗り換える場合よりも若干得ですが、それでも差額は30万円です。なお、5年を過ぎると車の価値が急に下がるので下取り査定額は期待できなくなります。

車を乗り潰すのなら13年目が目処になる

金銭的な面だけを考えれば乗り潰すほうが得であるといえますが、実際には車が故障して修理費がかかることもありますし、部品の耐用年数が限界に達して不調な箇所がでてきます。具体的には、エアコンの効きが悪くなったりパワーウィンドウ(スイッチ操作により開閉する窓)が動かなくなったりします。

そういったことを考慮すると、「乗り潰す」のであれば13年目を目処に車を乗り換えることを推奨します。

なぜ「13年目」なのかというと、新車登録から13年以上が経過すると自動車税(排気量税)は約15%増、重量税は約10%増になるからです。また、重量税は18年が経過するとさらに割増しになります。

例えば、排気量が1.5~2Lで車両重量が1500kg以下の一般的な乗用車(トヨタ カローラなど)であれば以下のような税金(年額)になります。

通常の税額 13年経過後
排気量1.5~2L:自動車税 39,500円 45,400円
車両重量1500kg以下:重量税 24,600円 30,000円

車を買い替える適切なタイミング

ここまで、車は乗り潰したほうが得であると述べてきましたが、実際のところ車を乗り潰す人はそう多くありません。多くの人は数年に一度、車の買い替えをしています。では、一般的な車の買い替えタイミングの平均は何年に一度なのでしょうか。

車の買い替えタイミングの平均

内閣府が発表した「消費動向調査」を元に、車の買い替えタイミングの平均をグラフ化したものが以下になります。

 

赤色で引いてある補助線からも分かる通り、車の買い替え年数は年々伸びている傾向にあります。その理由として、近年車の性能が向上したことにより耐用年数が伸びたことが挙げられます。また、2010年から2016年までの間では、平均7.95年に一度新車に買い替えていることになります。

以上のことから、一般的には約8年に一度車を買い替えていることが分かります。ただ、新車購入時から8年経った車の価値は数万円程度になるため、下取り査定額は期待できません。あなたが損をしないためにも、何年で車を買い換えるのが適切なのかを知っておく必要があります。

そこで次は、新車購入時からの経過年数と走行距離ごとにどのくらいの買取査定額がつくのかを解説していきます。

日本国内では、1年1万kmが指標になる

車の価値の基準として、新車購入時からの経過年数だけでなく、走行距離も考慮する必要があります。国土交通省の発表によると、日本での自家用車の年間平均走行距離が1万kmであるとされています。これを基準として、経過年数よりも走行距離が多いか少ないかで査定額は変わります。

例えば、5年・7万kmであれば経過年数に対して多く走行しているので、査定ではマイナスになります。逆に、5年・3万kmであれば経過年数に対して走行距離が少ないため、査定ではプラスになります。

ちなみに、走行距離は1年・1万kmが基準とされていますが、経過年数が多くなると基準が変わってきます。

経過年数 走行距離
4年以下 年間1万km
5年以下 年間9千km
6年以下 年間8千km
8年以下 年間7千km
9年以上 年間6千km

5年経過した車を例に挙げると、走行距離の基準が4.5万kmになります(9千km×5年=4.5万km)。つまり、4.5万kmよりも走行距離が多いか少ないかで買取査定額が変わります。

そのため、今回は上記の表を基準に300万円の車を例にして話を進めていきます。

新車購入時から3年・3万km未満の場合

先ほども述べた通り、新車購入時からの経過年数が3年未満である車の価値は、約半分になります。3年を超えると車の価値が約6割減になるので、下取り査定額は新車価格の約40%まで下がります。

買取査定額の例:

・300万円の車であれば、買取査定額は3年未満で150万円、3年を過ぎると120万円となります

また、経過年数が3年未満というと新車購入時から1年や2年で車を売却する場合も含まれますが、経過年数が少ないからといって買取価格が上がることはまずありません。

なぜ、経過年数が少なく程度のいい車なのに半値以上にはならないかというと、程度のいい車だからという理由だけで高値で買い取ると、中古車買取業者が利益を載せて車を売ることができなくなるからです。

もし、高く買い取った車に中古車買取業者が利益を載せた場合、新車と大差ない値段になってしまいます。新車と比べて10~20万円の違いであれば、多くの人は新車を選びます。そのため、いくら程度のいい車でも買取査定額は一定以上の値がつかないのです。

「新車が好き」「いろいろな車に乗りたい」といった理由があるのであれば、最初の車検前(新車購入時から3年目)に車を買い替えるのも一つの手です。ただ、金銭的な面から見ると3年未満で車を買い替えることはあまり得策ではありません。

新車購入時から5年・4.5万km未満の場合

車の買取価格が期待できるという意味では、5年・4.5万kmは一つの目処になります。理想をいえば、5年・3万kmまでなら買取査定額は高値になりやすいです。また、走行距離が5万kmを超えると急に価値が下がるので注意してください。

買取査定額の例:

・300万円の車であれば、買取査定額は5年未満で90万円、5年を過ぎると60万円となります

経過年数が5年未満の車は、基本的に部品が壊れたりトラブルが起こったりすることはありません。また、重要な部品のメーカー保障も残っています。そのため、中古車買取業者としても非常に売りやすく、市場での需要があります。

車の所有者にとっても、トラブルが起きず修理費やメンテナンス代、車検の費用が安く済むのでコストのかからない車であるといえます。

車の買取額がまだ期待でき、車の維持費がかからないといったことを考えると、5年目の車検の前は車を買い替えるにはいいタイミングであるといえます。

新車購入時から7年・4.9万km未満の場合

7年が経過した車は、年間走行距離の基準が7千kmなので4.9万kmを超えるかどうかが査定でのポイントとなります。ただ、実際には新車購入時から7年が経過した車は5万kmを過ぎていることが多いです。この場合は、買取査定額が一気に下がります。

目安としては、7年・7万kmぐらいまでで、それ以上の走行距離になると中古車買取としての価値はほとんどなくなります。

買取査定額の例:

・300万円の車であれば、買取査定額は7年未満でおよそ30~40万円、5年を過ぎると30万円以下、もしくは数万円などほとんど価値つかなくなります。

下取り査定額がつかなくなってしまうギリギリのラインであるため、あなたが現在所有している車が7年・5万kmを迎えそうなのであれば、乗り潰すか買い替えるかの選択をするタイミングになります。

7年・7万km以上では、買取価格は期待できない

新車購入時から7年以上が経過し、走行距離が7万kmを超える車はディーラーでの下取りに出しても値段がつかないことが多いです。

ただ、トヨタの「ランドクルーザー」や「ハイエース」など、耐久性に優れ需要のある限られた車種であれば、まだ車としての価値を有しています。

トヨタ ランドクルーザー

しかし、普通の車種でここまで年数が経つとほとんど価値のない車としての扱いを受けるため、乗り潰してしまったほうが得策です。

もし、乗り潰す予定がなく車を買い替えたいのであれば、後術する「一括見積もり査定」に申し込むことで通常より高く車を買い取ってもらうことが可能です。

車を高く売って安く乗り換える

ここまでの内容から、定期的に車を買い替えたいのであれば5年未満・5万km未満が1つの指標になるといえます。そのため、走行距離が5万kmを超えない限りは5年目に迎える車検の前に車を買い替えるのがいいでしょう。

また、いま乗っている車を乗り潰すつもりなら13年目を目処に車を買い替えると損をしないで済みます。税金が割増しになるという問題もありますが、車は13年を過ぎると色々と不調な箇所が増えてきます。故障や不調を直すために結構な費用がかかるので、やはり13年目を機に車を買い替えるのが得策だといえます。

車を買い替えるにあたって、通常はいま乗っている車を下取り査定に出します。このとき、下取り額が高ければ次の車を購入する際の資金にあてることができるため、次の車を安く購入することができます。

では、車を高く売って安く買い替えるためにはどうすればよいでしょうか。そのためには、「一括見積もり査定」に申し込み、車を高く買い取ってもらうことが重要です。

一括見積もり査定では複数の買取業者があなたの車を買い取ろうと競争するため、買取査定額が上がります。オークションに例えるなら、車が「せり」にかけられた状態になるということです。これにより、あなたが思っている以上に車を高値で買い取ってもらうことができます。

ただ、ディーラーでの下取り査定額より高いからといって、一括見積もり査定で車を売却することを即決するのはまだ早いです。なぜなら、ディーラーでは下取りをしたお客様に対して新車を安く販売することがあるからです。

ディーラーの営業マンは、ある程度新車の販売価格を操作する権利を持っています。そのため、自社で車を下取りに出してくれたお客様に対しては、他社で車を売却したお客様よりも新車を値引きしてくれることがあるのです。

車を買い替える際は、一括見積もり査定に申し込み買取査定額を確認したうえで、ディーラーにも見積もりをお願いしましょう。車の売却額と新車の購入価格の合計を考えて、どちらが得なのかを比べることが重要です。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。