あなたは愛車にステッカーを貼っているでしょうか。好きなアーティストやスポーツのチーム、車のパーツに関するメーカーなど、さまざまな種類のステッカーを貼る人がいます。

ステッカーを貼るだけで車の雰囲気が変わり、手軽な車の装飾手法として人気です。しかし、問題となるのが車を売却するときです。「ステッカーが原因で買取査定額が下がるのではないか」と考え、ステッカーを剥がすべきか悩む人は多いです。

結論から先に言えば、ステッカーは査定でマイナス要素になります。そのため、できることなら剥がしてから査定を受けるべきです。

ただ、上手く剥がれずにのりが残ってしまったり、塗装を痛めてしまったりする可能性があります。ステッカーを剥がして査定の評価を上げようとした結果、失敗して査定額が下がったのでは本末転倒です。

つまり、「ステッカーを剥がすに越したことはないが、作業に自信がないなら無理に剥がさないほうが良い」ということです。

今回は最初に、「自分でステッカーを剥がして査定額を上げたい!」という人に向けて、ステッカーをきれいに剥がす方法を解説します。

次に、「ステッカー剥がしの作業に自信がない。ステッカーを剥がさずになるべく高値で車を売却したい」という人に向けて、車のステッカーを剥がさずに減額を最小限にして高値で売る方法について説明します。

ステッカーが貼ってあると査定の評価は下がる

冒頭でも述べた通り、車に貼ってあるステッカーは査定でマイナス評価を受ける(減額される)原因になります。なぜ、ステッカーが貼ってあると査定の評価が下がるのでしょうか。その原因として、以下の理由があります。

ステッカーでキズを隠している可能性がある

車に限らず、日常生活の中でキズをステッカーで隠した経験がある人は多いのではないでしょうか。ステッカーを貼っているからといって、必ずしもキズ隠しだという訳ではありませんが、その割合は意外と多いです。

そのため、車にステッカーが貼ってあると「キズを隠しているのか?」と査定で疑われます。本当にキズを隠しているのなら仕方ないですが、キズがないのであれば余計な誤解を招くこととなります。

キズが本当にあるかないかに関わらず、査定士が車に抱く印象が悪くなってしまうため、買取査定額が低く見積もられてしまいます。あらぬ誤解を生まないためにも、自分で剥がせる人は査定を受ける前にステッカーを剥がしておきましょう。

買取業者は車を売る前にステッカーを剥がす

買い取った車にステッカーが貼ってあった場合、買取業者は中古車として売りに出す前にステッカーを剥がします。これは、ステッカーを貼ったまま売りに出すと車の価値が下がるためです。

なぜ、ステッカーを貼った車は価値が下がるかというと、「好みが別れるから」「万人受けしないから」です。つまり、売れにくくなってしまうので価値が下がるということです。ステッカーを好まない人にとって、ステッカーを貼った車は購入の候補から外れてしまいます。

そのため、買取業者は価値が下がらないようにステッカーを剥がしますが、ステッカーを剥がすにも手間がかかります。特に、経年劣化して頑固に張り付いているものは剥がすのが大変です。

また、きれいに剥がれたとしても、ステッカーの下は日に当たらないため日焼けの跡がムラになってしまう場合があります。その場合は色ムラを目立たなくするために磨き作業をしなくてはならず、さらなる手間と時間を要します。

ステッカーを剥がす手間と色ムラが発生するリスクがあるため、買取業者はその分を見積もって買取査定額から減額します。

ステッカーを綺麗にはがす方法

ここまでの解説で、買取価格を上げるためにはステッカーを剥がすことが望ましいことが分かりました。

そこで、ステッカーをきれいに剥がす方法について解説します。私は趣味と仕事の両方でステッカーを扱う機会が多いですが、いつも以下の方法でステッカーを剥がしています。強力なステッカーであっても、時間をかけて作業することで剥がすことができます。

用意するもの

・ヘラ(キズ防止のためにプラスチック製を推奨します)

・CRC556、もしくは市販のシール剥がし

・ドライヤー

ヘラはホームセンターや100円ショップなどで手に入ります。写真のヘラも100円ショップで購入したものです。私の家の近所のホームセンター・100円ショップを確認したところ、ホームセンターは接着剤売り場、100円ショップでは工具売り場にて販売されていました。

どちらも3店舗回って確かめてみましたが、いずれの店舗も売り場は上記の場所でした。もし、入手できなければ代わりに爪で剥がすこともできますが、作業効率が悪く、手が汚れるのでおすすめしません。

CRC556はどこの家庭にも一本は置いてあると思います。CRC556でなくても、潤滑剤であれば使用可能です。もし家に潤滑剤がなければ、ホームセンターで入手できます。また、市販のシール剥がしを使用しても構いません。

ステッカーを剥がす手順

①まずはステッカーにドライヤーの温風を当てて温めましょう。

②ステッカーが十分に温まったら、スクレーパー(ヘラ)か爪を使って慎重にステッカーを剥がします。このとき、勢いよく剥がすとステッカーがちぎれて剥がしづらくなるので、ゆっくりとはがしてください。

③上記の方法できれいに剥がれたら⑤に進んでください。のりが残ってしまった場合は、CRC556(シール剥がし)をのりに吹き付けて1時間ほど放置しましょう。

④のりにCRC556が浸透したら、ヘラを使って除去しましょう。のりが柔らかくなって(溶けて)いるので、スムーズに除去できるはずです。それでも剥がしにくい場合は、ティッシュをのりに被せて、その上からCRC556を吹き付けて少し待つといいです。ティッシュが油分を保持してくれるため、より浸透しやすくなります。

⑤ステッカーを剥がし終わったら、残った油分を除去するために洗車しましょう。市販のカーシャンプーでも構いませんが、中性洗剤を水で薄めたものを使うと効果的です。最後の仕上げに、ワックスを塗ってコーティングするとより美しい仕上がりになります。

注意点

・爪を使って作業する場合は、塗装面に強く爪を立てないように注意してください。人の爪は意外と硬く、強い力でひっかくと塗装にキズが入ることがあります。

・シール剥がしの代用品としてガソリンや灯油、シンナーなどの有機溶剤を使用する人がいますが、塗装を痛めるので控えてください。

通常、市販車は「2液ウレタン」という塗料を使用しているため、有機溶剤によって溶けることはありません。しかし私の経験上、ツヤがなくなったり、塗料によっては表面が少し溶けたりすることがありました。それからは潤滑油を使っていますが、問題が起きたことはありません。

・ステッカーを温める手段として、熱湯やヒートガン(ドライヤーよりも高温の熱風を出す機械)を推奨している例がありますが、私としてはおすすめしません。

熱湯は車の表面で流れてしまうので温める効率が悪いです。また、ヒートガンはバンパーなどのプラスチック部分に使用すると高温すぎて素材が溶けてしまう可能性があります。ドライヤーは高温になりすぎる危険が少ないため、安全に作業を進められます。

ステッカーを剥がさずに車を高く売却するには

ここまでステッカーの剥がし方について述べてきましたが、ここからは「ステッカーを剥がさずに高価買取を実現したい人」に向けて解説していきます。

なお、ステッカーを自力で剥がした場合であっても、これから解説する「一括見積もり査定」を利用した方がより高値で車が売れるので、併せて読み進めてください。

ステッカーを貼った車に対して、どのぐらい減額するかは中古車買取業者によって異なります。買取業者の中には、「自社の整備工場で簡単に剥がせるので問題ない」という業者が存在します。こうした業者であれば、ステッカーに対する減額が最小限に抑えられます。

しかし一方で、「ステッカーを剥がすのに手間がかかるので、その分査定額を減額する」という業者も存在します。買取業者からすれば、少しでも安く中古車を買い取るに越したことはありません。そのため、車にある不備(ステッカー)を指摘して査定額を下げようとしてきます。

ステッカーの貼ってある車を高値で売却するには、前者のような中古車買取業者に査定をお願いしなければなりません。ところが、中古車買取業者は全国に無数に存在します。一軒一軒手当たり次第に探していたのでは、莫大な労力と時間がかかってしまいます。

しかし、インターネットの一括見積もり査定を利用すれば、上記のような業者を簡単に見つけることが可能です。一括見積もり査定は、以下のような手順で車を売却します。

一括見積もり査定を利用する際の流れ

①一括見積もり査定では、インターネットを通じてあなたの愛車の情報が買取業者に伝わります。そのため、一軒一軒足を運んで査定を受ける必要はありません。インターネット上で車の情報を入力するのは数分程度で完了し、入力する回数も一回で済みます。

②情報が買取業者に伝わると、あなたの愛車を買い取りたいと思った業者から連絡がきます。その中で、あなたが査定を受けたいと思った業者と査定の日程など、詳細を相談しあって決めます。

日程を決めるときは、全ての業者が一堂に会するようにタイミングを合わせましょう。また、できるだけ多くの業者に査定をお願いすることで高値買取をしてくれる業者に巡り合う確率が上がります。

とはいえ、あまりに多くの業者を相手にすると大変です。査定をお願いするのは、連絡がきた業者の中から5社ぐらいに留めておきましょう。

③あなたが査定を依頼した業者が訪問査定に来てくれます。全ての業者が同じタイミングで査定に来るようにすることで、オークションと同じ状態を作り出すことができます。あなたの愛車を買い取ろうと業者同士で競合するため、買取価格が吊り上がります。

もし、買取業者が別々の時間(日にち)に査定に来ると競り合いが起こりません。業者同士が直接顔を合わせることで初めて競り合いが成立します。そのため、「業者が査定に来るタイミングを合わせる」というのは非常に重要です。

④複数の買取業者が提示してきた買取査定額を比べて、最も高い価格を提示してきた業者と車の売却契約を行います。契約成立後、その業者があなたの愛車を引き取っていき売却手続きが完了します。

以上が一括見積もり査定を利用する際の流れです。

ステッカーを貼っている車を売却する際は、できるだけ自分で剥がしてから査定を受けましょう。「剥がすのが面倒」「失敗しそうで怖い」という場合は無理にステッカーを剥がさずに、一括見積もり査定を利用してステッカーに対して減額の少ない業者を見つけ出し、高価買取を実現しましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。