あなたは車を売却するとき、自分の車の買取相場を把握しているでしょうか。実際に、自分の車の買取相場を知ることなく車を売却している人は多いです。

実は、買取相場を知らないので気づいていないだけで、数十万円も損をしている可能性があります。なぜなら、相場を知らなければ相手の提示した価格に納得してしまうからです。例えば、本当は50万円の価値のある車であっても、中古車買取業者から「30万円での買取です」と言われたらあなたはどう思うでしょうか。

恐らく、買取価格に疑問を持つことなく業者の言い値に納得してしまうと思います。しかし、買取相場を把握していた場合はどうでしょうか。「買取価格が30万円では安すぎる」と気がつくため、愛車を不当に安く買い叩かれずに済みます。

中古車は使用状態の同じ車が存在しないため、一点物です。そのため、車の買取相場価格はわかりづらく不透明です。しかし、これから解説する方法を実践することで、あなたの車の買取相場を把握することができます。さらに、買取相場を比較することでより高い金額で愛車を売却することも可能です。

今回は、「中古車の買取相場を知る方法」「中古車の買取相場を比較する方法」について解説していきます。

買取価格の基準を知る方法

中古車の買取相場を調べる方法は複数ありますが、「個人情報を入力したくない(匿名で買取相場を検索したい)」「とりあえず買取相場を知りたいだけ(まだ車を売ると決めたわけではない)」という人がいると思います。そこで最初に、簡易的に買取相場を知る方法から解説していきます。

中古車の買取相場を知るために、「自分の車は中古車市場でいくらで売られているのか」を調べる必要があります。つまり、あなたの車に限りなく近い条件の車を中古車検索で探すということです。

中古車としていくらで販売されているか分かれば、あなたの車にどのくらいの価値があるのかおおよそ把握することができます。そのため、インターネットの中古車情報サイトで自分の車と同じ「車種名・年式・走行距離・グレード・色」を検索して、その車がいくらで販売されているのか調べてみましょう。

このとき、1つ注意点があります。それは、「中古車買取業者が利益を載せて中古車を販売しているので、販売価格=買取相場ではない」という点です。業者によって違いがありますが、普通車で販売価格の-20~30万円、軽自動車は販売価格の-10~15万円が買取相場の目安となります。

中古車を調べる際の条件について、以下で詳しく説明します。

車種名は買取価格に最も影響する項目

車種名とは、車の名称のことです。ホンダ「フィット」、トヨタ「プリウス」、日産「ノート」などが車種名に相当します。当然ですが、車種は買取価格に最も影響する項目です。車種によって買取相場はほとんど決まるといっても過言ではありません。

年式は新しいほど良い

年式とは、その車がいつ新車登録されたかを示すものです。年式を「メーカーがその車種を発売した時期のこと」だと思っている人が多いですが、正確には車検証に記載されている「初度登録年月」が年式です。

一部の特殊な車種(プレミアがつく車種)を除いては、年式は新しいほど価値があるため買取価格は高くなります。ただ、よほど古くない限りは年式よりも走行距離のほうが重視されるため、年式が古いからといって著しく価値が下がるということはありません。

走行距離は買取価格を決める上で重要

車の価値を決めるうえで走行距離は非常に重要です。走行距離はメーターに表示されている「オドメーター」を見るとわかります。メーター上では「ODO」と表記されていることが多いです。

オドメーター(032806km)

走行距離が多いほど車が劣化するため、それだけ価値が下がります。具体的には、走行距離が5万kmを超えたあたりから車の価値が急激に下がり始めます。7万kmを超えると、ほとんど価値のない車としての扱いを受けます。逆に、走行距離が3万km未満の車は買取価格が高値になりやすいです。

例えば、走行距離以外は全く同じ車が2台あり、1つは8万km、もう一つは3万kmであった場合、買取価格に100万円以上の差が開く可能性があります。

走行距離が買取価格に与える影響は大きいため、中古車を検索する際は自分の車と走行距離がなるべく近いものを選ぶようにしてください。他の項目が同じであっても、走行距離が違うと全く参考になりません。

グレードは高いほど高値がつく

グレードとは、車の等級・ランクのことです。松・竹・梅のように、車のランクを分けたものがグレードです。例えば、「ホンダ フィット」には13G~RSまで9つのグレードがあり、グレードが上がるにつれ価格も上がります。

そのため、高級グレードであるほど高値がつきやすいです。また、「〇〇周年記念モデル」のような限定グレードは希少性があるので価値があります。

グレードを正確に入力することで、買取相場の予想精度が上がります。そのため、できる限り愛車と同じグレードの中古車を探すようにしてください。

もし、自分の車のグレードがわからない場合は、ボンネットを開けて「コーションプレート」と呼ばれるバッジを見てみましょう。そこに書かれている型式(TYPE)をインターネットで検索すると、どのグレードなのか知ることができます。

検索したとき、複数のグレードが該当してどれか分からない場合は、駆動方式と年式を参考に絞り込みましょう。駆動方式は、4WD(四輪駆動)か2WD(二輪駆動)のどちらか該当するほうを選択してください。

それでも1つに絞り込めないときは、複数のグレードのうちどれを選択しても構わないです。型式・駆動方式・年式が一致していれば、そのうちのどれを選択しても買取価格はほぼ変わりません。

コーションプレート

この写真の場合、TYPE「DIVA」と書いてあるのでグレードが「ディーバ」であることがわかりますが、車種によってはグレードが直接書いていないことがあります。その場合は型式を検索しましょう。写真ではDBA-JB7が型式です。

車のボディカラーで買取価格が変わる

車のボディカラーで買取価格が変わるというのは意外かもしれませんが、実は高く買い取られる色とそうでない色があります。中古車買取業者としてはなるべく売れやすい色、つまり人気のある色ほど買い取りたい車となります。そのため、人気の高い色であるほど買取価格は高くなります。

具体的には、白や黒は人気色なので高価買取されやすいです。シルバーは平均的な人気であるため、買取価格はプラスにもマイナスにもなりません。赤や青などの原色系は好みが別れるため不人気色の扱いを受け、買取価格が低くなる傾向があります。

自分の車が何色なのかは見ればわかりますが、ボディーカラーの名前を正確に知りたい場合は先ほどと同様にコーションプレートを見てみましょう。車の色は、「カラーコード」と呼ばれる番号で識別できるようになっています。そのため、カラーコードをインターネットで検索するとボディーカラーが何色なのかわかります。

この写真の場合、カラーコードはPB81Pです。検索すると、「プレミアムブラキッシュパール 」という色であることがわかります。

車の買取価格を比較する

ここまでの解説で、愛車の買取相場は把握できたでしょうか。次は、「より正確な買取相場を知りたい」「買取相場を比較して、最も高く買い取ってくれる中古車買取業者を見つけたい」という人に向けて、一括見積もり査定について解説します。

一括見積もり査定を利用すれば、一度に複数の中古車買取業者から買取価格を提示してもらえるため、買取相場を比較することができます。また、中古車買取のプロに査定をしてもらうことにより、あなたの車の実際の買取価格がわかります。

ちなみに、一括見積もり査定を利用する場合は前述の「中古車価格を検索する」という作業を省略しても構いません。もちろん、中古車価格を知っておくに越したことはありませんが、一括見積もり査定で正確な買取相場がわかるため、面倒だと感じる場合は省略してください。

ところで、「一括見積もり査定」という言葉は聞いたことがあるが、どういったものなのか詳しく知らないという人は多いのではないでしょうか。

一括見積もり査定は、以下のような流れで中古車の買い取りを行っています。

一括見積もり査定を利用する際の流れ

①一括見積もり査定サイトのフォームに、あなたの車の情報を入力し送信します。入力にかかる時間は数分単位のものなので、手間はかかりません。なお、入力する項目が分からない場合は、先ほど解説した「車種名・年式・走行距離・グレード・色」を参考にしてください。

②送信したフォームが、インターネットを介して中古車買取業者に伝わります。そして、あなたの車を買い取りたいと思った業者から電話やメールで連絡がきます。同時に、フォームに入力した情報を元におおまかな査定額(買取価格)を教えてくれます。

③連絡があった業者から、あなたが査定をお願いしたいと思う業者を選びます。このとき、できる限り多くの業者に査定を依頼することで、買取相場の比較対象が増えます。査定の日程などを決めた後、実際に中古車査定業者があなたの家まで訪問査定に来ます。

④複数の買取業者が提示してきた買取価格を比較し、あなたが納得する買取価格を提示してきた業者(最も高額な買取価格を提示してきた中古車買取業者)に連絡をして売却契約を行います。契約が成立すると、業者があなたの愛車を引き取っていき売却が完了します。以上が、一括見積もり査定を利用する際の流れです。

また、一括見積もり査定を利用すると正確な買取相場を比較できるだけでなく、買取価格が上がります。これは、複数の買取業者があなたの車を買い取ろうと競争するためです。最も高額な買取価格を提示した業者に決定するため、全社なんとかして車を買い取ろうとギリギリまで高い買取価格を提示してきます。

例えるなら、オークションのようなものです。オークションでは、複数の入札者が競り合うと値段が上がっていきます。これと同様の原理で買取業者同士が競り合うため、あなたの車の買取価格が通常よりも高くなります。

せっかく車を売るのであれば、可能な限り高値で売却しましょう。そのためには、「正確な買取相場を知ることができる」「買取相場を比較することができる」「オークション効果で愛車が高く売れる」と一石三鳥の効果を得られる一括見積もり査定を利用しましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。