車の乗り換えを考えているとき、「いま乗っている車、少しでも高く売れないかな」とは誰しもが思うことです。あなたの欲しい車が予算ギリギリであった場合、その車に手が届くかどうかは下取り価格に左右されてしまうこともあります。

そこで、少しでも高く車が売れないかとネットで検索すると「ネットの無料一括査定を受けて買取業者に売るべき」「下取りのだと手間がかからないからいい」などさまざまな意見が書かれています。

いろいろなサイトを見ているうちに何が正解か分からなくなり、以下のようなことで悩んではいないでしょうか?

  • そもそも、下取りと買い取りって何が違うの?
  • 下取りと買い取りはどちらが得なの?
  • 下取りと買い取りどっちも利用するべきなの?
  • なんだかよく分からないし、普通に下取りを利用するのではダメなの?

情報を得ようと検索をしたのに、これではかえって車の乗り換えについて不安になります。

そこで今回は、こうした疑問を解決し「どうしたら車をお得に乗り換えられるのか」について解説します。実際に私の友人が愛車を高く売った実例についても紹介するので、参考にしてください。

下取りと買い取りの違い

下取りと買い取り、両者の違いについて「なんとなくは分かるけど、はっきりと何が違うかは分かってない」という人もいるのではないでしょうか。以下で、それぞれの違い・仕組みを解説していきます。

下取り

次の車を買うディーラーや中古車屋にいま乗っている車を引き取ってもらい、その代金を次に買う車の購入費用から差し引くことを下取りといいます。そのため、いま乗っている車を直接現金に換金することはありません。

下取りは販売店(ディーラー・中古車屋)から勝手に勧められるため、特になにも意識しなければ自然と利用することになります。

買い取り

中古車買取を行っている専門業者に車を売却し、現金を得ることを買い取りといいます。車を売って現金に換えるという非常にシンプルな方法です。

下取りとは異なり販売店が買い取りを勧めることは基本的になく、自分から中古車買取業者に車を売りに行く必要があります。

下取りと買い取り、それぞれのメリットとデメリット

下取りと買い取りの違いを理解したところで、次はそれぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

下取りのメリットとデメリット

メリット:

  1. 車の売却と購入が一括して行えるため、手間がかからない
  2. 新車の値引きがしにくい場合、下取り査定額をプラスしてくれることがある
  3. 中古車市場で人気がなく、買い取りではほとんど価値がつかない車であっても、新車販売のために価値をつけて下取りしてくれることがある
  4. 車の乗り換えを全てディーラー、もしくは中古車屋に一任するため、営業マンに好印象を持ってもらえる
  5. 決算期前や年末など、新車(中古車)販売に力を入れている時期には下取り査定額が上がる、もしくは値引き額が上がることがある

※中古車屋に下取りしてもらう場合は、3番目のメリットが当てはまらない可能性が高いです。新車販売ディーラーとは違い、中古車屋は中古車市場の相場を知っているためです

下取りのメリットで最も大きい点は、車の乗り換えを全て一括して行えることです。手間がかからず、担当の営業マンに全てを任せておけばいいので楽です。

また、決算期前や年末などの時期になると新車販売のためのサービスとして下取り査定額を上げてくれる傾向があります。特に、新車販売のノルマが達成できずに焦っている営業マンに当たればなおさらです。

デメリット:

  1. ディーラー独自の査定基準に当てはめられるため、買い取りに比べて査定額が低い傾向にある。特に、年式が古い車や走行距離の多い車はよりその傾向が強まる
  2. 新車(中古車)の値引き額と下取り額を合わせて調整されてしまうため、純粋な下取り額がわからない(安値で下取りされてもわからない)
  3. いま乗っている車と次に買う車のメーカーが違う場合(トヨタからホンダに乗り換えなど)、下取り価格が低くなることがある
  4. 廃車寸前・事故車・不動車は基本的に下取り価格がつかない(買い取りだと値が付くことがある)
  5. 社外品のパーツ(ホイールやエアロパーツなど)がついていた場合、査定額が下がってしまう
  6. 下取りは次の車を買う販売店(ディーラー・中古車屋)1社からしか受けられないため、比較対象がなく査定額の相場が分からない。また、買い取りのように複数社を競争させて査定額を吊り上げることができない

※中古車屋に下取りしてもらう場合は、社外パーツがついていてもマイナス査定にならない場合があります

下取りの大きなデメリットは、買い取りに比べると査定額が低い傾向にあることです。これは、先ほども述べたように査定の基準が買い取りとは違うためです。ただ、タイミングや交渉次第では下取りが買い取りを上回ることもあるので、決めつけられません。

買い取りのメリットとデメリット

メリット:

  1. 基本的に下取りに比べて高額査定になることが多い
  2. 下取りとは違い複数の中古車買取業者から査定を受けられるため、比較することで査定額の相場が分かる。また、複数社を競合させることにより査定額を吊り上げることができる
  3. 軽自動車専門店やスポーツカー専門店といった特定の車種の買い取りに特化した買取業者があり、愛車のタイプと合致した専門業者ならプラス査定が期待できる
  4. 下取りのように新車の値引きと合計されることがないため、愛車の純粋な査定額が分かる
  5. 高年式で走行距離の多い車であっても、中古車市場で需要があれば高額査定を獲得できる可能性がある
  6. 廃車寸前・事故車・不動車であっても、買取価格がつく(廃車買取専門の業者がいるため)
  7. 社外品のパーツであっても、プラス査定してくれる可能性が高い

買い取りの1番のメリットは、やはり買取価格が高いところです。車の売買が一括して行えないので多少手間はかかりますが、その分高額査定が期待できます。高額査定を獲得するためのポイントは、複数社を競合させることです。

買い取りは「中古車の市場価格」で査定額を割り出し、下取りは「走行距離と年式」を基準に査定をします。この違いにより、下取りでは査定額が低い車であっても買い取りは思った以上の値がつくことがあります。

デメリット:

  1. 車の購入先と売却先が異なるため、手間がかかる
  2. ディーラーや中古車販売店とは違い、車を買い取ることが本業であるため、営業がしつこいときがある(いま売らないとこの値段では買い取れません! などの営業トーク)
  3. 複数社を競合させる場合、対応する相手が増えるので少し手間がかかる
  4. 買取業者によって得意・不得意な車種、買い取った車の販売経路などが違うため、買取価格にバラつきがでる
  5. 中古車市場の相場は日々変動するため、下取りに比べると買取価格が安定しない

買い取りのデメリットは、やはり手間がかかることです。とはいえ、下取りと買い取りでは査定額に10万円以上の差がでることも珍しくないため、よほど時間がない場合を除いては手間を惜しまないほうがいいです。

なお、買取業者によって買取価格にバラつきがでるデメリットは、複数社に査定を受けるようにすれば解決できるのでそれほど心配する必要はありせん。さらに、複数社から査定を受けるのが手間になるというデメリットも「インターネットの一括見積もり査定」を利用すれば解消するので、こちらも心配はいりません。

車をお得に乗り換えるための手順

ここまで、下取りと買い取りの違いやメリットとデメリットについて述べてきました。冒頭で述べたような疑問点が、ある程度解決できたのではないかと思います。

ここからは、上記のことを踏まえた上で「実際に車をお得に乗り換えるにはどうしたらいいのか」について解説していきます。実際に車を乗り換えるときのことをイメージして、実践できるように吸収してください。

ディーラーや中古車屋が使う値引きのカラクリ

車をお得に乗り換えるために、まず知っておいて欲しいのが「新車(中古車)値引きのカラクリ」です。

実は、下取りと新車(中古車)の値引き額はトータルで調整されています。例えば、以下のような3パターンが考えられます。

  • 下取り50万円、値引き20万円
  • 下取り40万円、値引き30万円
  • 下取り60万円、値引き10万円

これらは全てトータルすると70万円です。しかし、見積書には下取りと値引きを合計した金額が記載されるため、具体的な内訳は分かりません。そのため、「下取りが高くなったと喜んでいたが、実は値引き額が減らされていただけ」ということが起こり得ます。

しかも実際には、上手く調整されてトータル70万円よりも少ない値引き額になることがほとんどです。

「値引きは10万円までが限界なので、下取り額のほうで調整させて頂きます」などと言って、下取りに5万円程度上乗せするのです。つまり、下取り55万+値引き10万=65万円です。

本当の値引きの限界額を知らなければ、「下取りを頑張ってくれた」と感じるでしょう。ですが、実際には5万円損をしています。

上記の逆パターンも存在します。下取りを価格を低めに提示しておいて、「値引きは20万円が限界なんですが、頑張って25万円値引きさせて頂きます!」など、下取りの余裕分を値引に上乗せするのです。

例えば、下取り40万円と提示しておけば、10万円分の余裕が生まれます。この10万円をどう使うかは営業マン次第ですが、ここから5万円を値引きに回したとしても、残りの5万円はセーブできます。

また、お客さんから「もう少し高く下取りできませんか?」と粘られた場合は、余った10万円からいくらか査定額をプラスすれば、お客さんに納得してもらえます。この場合も、10万円を使い切らなければ利益をセーブできます。

このように、下取りと値引きを上手く組み合わせて調整することで、ディーラー(中古車屋)はトータルの値引き額を少なくしています。

愛車を高く売るための手順

ここまでの解説を呼んで気づいた人も多いと思いますが、お得に車を乗り換えるためには下取りと買い取りの両方で査定を受けるべきです。

どちらの査定額が高いかは査定を受けてみなければ分かりませんが、両方から査定を受ければ間違いありません。高い査定額を提示してきたほうに愛車を売ればいいからです。

ただ、単純に双方から査定を受けるだけでは高額査定を引き出すことは難しいです。難しく考える必要はありませんが、ちょっとしたテクニック・交渉術が必要になります。

テクニックや交渉術とは一体どのようなものなのか? 以下で車を乗り換える際の手順と共に詳しく解説します。

①新車(中古車)の見積もりをディーラーや中古車屋から取る

まずは、新車の見積もりをディーラーや中古車屋から取りましょう。このとき、前述したように下取りと値引きを上手く調整される可能性があるため、下取りなしと下取りありの両方の見積書も作ってもらいましょう。

両方の見積もりを取れば、「下取りを上げた分、値引き額を下げる」といった調整はできなくなります。また、2つの見積もりを見比べれば純粋な下取り価格が分かります。

下取りなしで見積もりを取る理由はなんでもいいですが、「親戚がこの車を買うと言っている」「友人が車を譲ってくれと言っているので」などが無難です。

②見積もりが取れたら、次は中古車買取業者から査定を受ける

新車の見積もりが取れたら、中古車買取業者から査定を受けましょう。このとき、1社のみではなく複数社(3、4社程度)から査定を受けることがポイントです。業者によって査定額が違いますし、業者同士競争させないと高額査定は引き出せないからです。

1つ注意が必要なのは、業者を個別に回ってはいけない点です。なぜかというと、しつこくてなかなか店から帰れなくなる可能性があるからです。

たいていの買取業者は、「今日契約して頂けないとこの値段は出せません!」「中古車市場は変化が激しいので、今日以降は査定額が落ちるかもしれません」など、しつこく営業してきます。これで3、4社も回るのは精神的に疲れます。実際、私の友人は4社回るつもりが1社目で心が折れて契約してしまいました。

こうならないためには、業者を集めて一気に査定してもらう必要があります。「そんなことできるの?」と思うかもしれませんが、「出張査定」というサービスを利用すれば可能です。

近所の買取業者を調べて「出張査定お願いできますか?」と問い合わせてもいいですが、面倒なので「インターネットの一括見積もり査定」を利用することをおすすめします。

そして、3、4社に出張査定を依頼する際、同じタイミングで査定に来るように連絡しましょう。そうすることで、業者同士が勝手に競い合い、査定額が上がります。オークションで落札者同士が競うと値段が吊り上がるのと同じ理屈です。

ここで提示される最高値が①のディーラーや中古車屋の下取り査定額を下回っていれば、下取りで愛車を売りましょう。逆に、下取りよりも高値だった場合は、「即決はできませんので、またこちらから連絡します」などと言って業者に一旦引き上げてもらいましょう。

わざわざ出張査定に来て最高値を提示しているので、しつこく「即決で売ってください!」と言われるかもしれませんが、ここで折れると以下のステップに行けなくなります。

ただ、複数社を競わせて出した査定額なのでかなりの高額査定であることは間違いありません。「①の下取り査定額より明らかに高値がついた。交渉しても下取り額がここまで上がるとは考えにくい」「またディーラーに行って交渉するのは面倒だな」と思うのであれば、この時点で車を売却してもいいでしょう。

③買い取りでの査定額が分かったら、再びディーラーに行く。「他で査定を受けたら査定額〇〇万円と出ました。下取りでこの価格は出せますか?」と交渉する

④交渉の結果、下取りの査定額が買い取りを上回れば下取りで車を売却する。交渉しても買い取り以上の査定額が出ない場合は、買い取りで車を売却する

以上が、愛車を高く売るための手順です。少し大変に思うかもしれませんが、愛車が10万円以上高く売れる可能性があると思えばやるだけの価値はあります。

10万円余裕があると次の車のグレードを上げることもできますし、オプションパーツをつけることもできます。もちろん、車に使わずに浮いた分のお金を貯金してもいいでしょう。いづれにしても、車が高く売れるに越したことはありません。

私の友人が車を高く売った実例

友人が車を買い替える際、今まで乗っていた車である「ホンダ トルネオ・ユーロR」をディーラーの下取りに出したところ、10万円の見積もりが出ました。10万円と聞くと安く感じるかもしれませんが、走行距離は10万km以上、年数も10年以上経っていたのでそれほど低い下取り額ではありません。

友人が乗っていた「ホンダ トルネオユーロR」

友人から「下取りだと10万円にしかならないみたい」と言われたので、私は「買い取りでも査定してもらったらどう?」「複数社を競合させたほうがいいから、一括査定で一気に査定してもらったほうがいいよ」とアドバイスしました。

そこで友人が一括見積もり査定を利用して5社を競合させたところ、最高で31万円の買取査定額がつきました。下取りのみでは10万円だったところが、買い取りも利用したおかげで21万円もアップしたのです。

※このときは明らかに買い取りのほうが高値がついたこともあり、上記の③のように再びディーラーに行って下取り額を上げてもらえるように交渉することはしていません。

友人は最初「何社も査定に来るのは面倒だな」と言っていましたが、結果的には「高く売れたおかげで新車も安く買うことができた」と喜んでもらえました。

まとめ

今回は「車を乗り換える際、下取りで損をしないためにするべきこと」について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

車を乗り換えるとき、下取りのみを利用して車を売る人は多いですが、それではもったいないです。また、買い取りのみを利用するのもあまり得策とはいえません。

どちらか一方だけで完結させるのではなく、両方で査定を受けて見比べることが重要です。そうすることで、愛車を安く買い叩かれることを防止できます。また、買い取りで査定を受けることが下取り額を上げるよう交渉するための材料にもなります。

今回の解説を参考にすると高額査定が獲得でき、あなたのカーライフが充実します。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。