既に車を所有している人が、就職や転勤などの理由で東京や大阪などの都会に住むことになったとしたら、車を手放すべきか悩むでしょう。

地方では、車は1人に1台というところも珍しくありません。こうした地域に住んでいる人にとって、車がない生活は不便に感じると思います。

ただ、都会では公共交通機関が発達しているため車の必要性はほとんどありません。それどころか、都心では車を所有しているだけで駐車場代が毎月3万円以上かかります。そのため、お金に余裕があるか、仕事で車を使うなどの理由がない限り都会に引っ越す前に車を売却するべきです。

都会に引っ越すことになった場合、車を手放すことには勇気が必要です。

そこで今回は、「なぜ、都会へ引っ越すときに車を売却するべきなのか」と「車を売却する際に高価買取してもらう方法」について解説していきます。

なぜ、都会へ引っ越すときに車を売却するべきなのか

地方から都会へ引っ越す人の中には、引っ越し時に車も同時に持ち込もうとする人がいます。しかし、実際に都内へ車を持ち込んだとしても、さまざまなデメリットが生じます。なぜ、デメリットが生じてしまうのでしょうか。そこには以下で述べるような理由があります。

駐車場代が高い

地方では、アパートやマンションを契約すると駐車場が1台分無料で利用できることが多いです。また、ほとんどの月極駐車場が1ヶ月5千円ほどで契約できます。

一方、都会ではアパートやマンションに無料で駐車場が付帯することはほとんどありません。家賃とは別に、駐車場代を請求されます。月極駐車場より安いことが多いですが、それでも月2~5万円はかかります。

もし、住む予定の物件に駐車場が併設されていない場合、月極駐車場を利用することになります。東京都内の月極駐車場は月5万円ほどのところが多く、郊外であっても月2~3万円はかかります。また、地方とは違い必ずしも家の近くの駐車場が利用できるとは限りません。

もし、家の近くの駐車場に空きがなければ家から離れていても空いている駐車場を使うしかありません。こうした場合、家から駐車場まで10分以上かかるということも珍しくないです。

このように、都会での駐車場の利用はいくつかの欠点があります。地方から車をもってくる人の中には、駐車場の確保に苦労して車を手放す人もいます。

目的地に駐車場があるとは限らない

地方では、どの店舗や施設にも必ずといっていいほど駐車場が併設されています。車の置き場に困るといったことはほとんどありません。また、多くの併設駐車場が無料で利用できます。

しかし、都会ではどこへ行くにも車の駐車に悩まされることになります。店舗や施設に駐車場が併設されていないことが多く、近くの駐車場を探す手間がかかります。

近くの駐車場が空いていなければ、目的地から離れた場所に駐車することになり、徒歩での移動に労力を要します。それに加え、駐車料金は1時間で1,000~3,000円とかなり高額です。

一見便利に思える車での移動が、逆に都会では足かせになってしまうのです。そこで、電車やバスでの移動に切り替えることで駐車の悩みから解放されます。

渋滞が頻繁に起こる

東京や大阪などの都市部で車を走行すると、必ずといっていいほど渋滞に巻き込まれてしまいます。私の実体験ですが、東京都内で10kmの距離を進むのに2時間もかかったことがありました。私の地元(神奈川県西部)では、10kmは20分少々で進める距離ですが、都内では1時間以上かかることもあります。

車は本来なら早く移動するための手段ですが、渋滞に巻き込まれて時間がかかってしまっては意味がありません。そのため、首都高などの高速道路を利用する人もいますが、渋滞するうえに利用料金が非常に高いです。結果的に、電車などの公共交通機関を利用した方が、安上がりかつ早く目的地に着くことができます。

渋滞だけでなく、道路が非常に走りづらいことも都内の特徴です。地方とは違い、ある程度道を知っていないと目的地に着くことすら難しいでしょう。これは、たとえカーナビをセットしたとしても同じです。

都内の道路は複雑な作りをしており、交差点でどこに進めばいいのか迷います。カーナビが「右です」と案内しても斜め右なのか、直角に右なのかわからないといった状況はよくあることです。

また、走行レーンごとに進める方向が決められていることが多く、事前に走行レーンを変えておかないと「真っすぐ進みたいのに右折させられる」などの事態が起こります。

走行レーンごとに進める方向が決められている例

上の写真であれば、右レーンにも直進の標識があるため右折は不可となります。東京近辺などの都会では、こうした標識が多く、行きたい方向に進めないため「目的地が見えているのに通り過ぎる」といったことが起こります。

こうした不便な点を考えると、都内で暮らす際は車をもたない方がいいといえます。また、既に車を所有している人は、都会へ引っ越す前に車を売却するのが得策といえます。

ただ、車を売却するときに損をしないために「高価買取をしてもらう方法」を実践してみましょう。

車を高価買取してもらう方法

都会へ引っ越す前は、準備や手続きなどに追われてしまい余裕がないかもしれません。また、東京や大阪で車をもっていったものの使用頻度が低く、駐車場代が高いためすぐにでも車を売却したいと思うこともあるでしょう。

こうした状況になると「手間をかけずにさっさと車を売りたい」と考えるため、1~2社の買取査定に出しただけで売却を決めてしまうことがあります。しかし、それは非常にもったいないです。あなたが気づいていないだけで、安く買い取られている可能性があります。

実際、このような理由で複数での見積もり査定を受けずに損をする事例は多くあります。実際、中古車の買取査定は業者によって下取り価格に数十万円の差があります。ただ、わざわざ何社も回って査定をしてもらうのは面倒です。

そこで、「一括見積もり査定」を利用することで何社も回る必要はなくなります。むしろ、一括査定を利用すれば買取業者があなたの車のところまで来て査定を行ってくれます。それだけでなく、複数の業者に査定をしてもらうことで車を高く買い取ってもらうことができます。

なぜ、複数の業者に査定をしてもらう方が車が高く売れるのかというと、買取業者同士で競争が起きるためです。これはオークションの原理と同じです。

あなたの車に価値があると判断した業者は、なんとしても車を買い取ろうとします。それが複数社の間で起こると価格の競争になるのです。オークションに例えるなら「せり」が行われるということです。

そのため、1社に自分で持ち込んで買取査定を受けるよりも、少ない労力で高く買い取ってもらうことができるのです。

「急に都会へ引っ越すことが決まり時間に余裕のない人」や「都会に車を持ち込んだが、駐車場代が高く利用頻度が低いので車を売ってしまいたい」といった方は、一括見積もり査定を利用しましょう。

車を手放しても不便しないために

ここまで、「都内での暮らしに車は不要なので売却するべきだ」と述べてきました。しかし、都内に住んでいれば全く車が必要ないのかというとそうではありません。

都内を出て県外に行く用事があれば、車が必要になるかもしれません。他にも、大きな荷物を載せたいので車がないと困るなどが考えられます。このような状況では、車を持っていないことを不便に感じるでしょう。

そこで、「カーシェアリング」や「レンタカー」を利用することにより、必要なときにだけ車を使うことができます。どちらを使うべきかは、車種や各種サービスなど一長一短があるため用途によります。以下で詳しく解説します。

レンタカーとカーシェアリングの一長一短

レンタカーとカーシェアリングにはそれぞれ特徴があります。項目別に比較するので、利用する際の参考にしてください。

比較項目は以下の6つになります。

①初期費用(登録料など)

②利用料金

③その他の料金(保険代やガソリン代など)

④借りるまでにかかる時間

⑤アクセスのしやすさ

⑥取り扱い車種

それぞれを比較したものが下記の表になります。

カーシェアリング レンタカー
初期費用 最初の利用時に1,500円程度の入会金が必要。

ただし、キャンペーンなどで入会金が無料になっていることが多い。

入会金や登録料は必要なし。
利用料金 15分200円ほどで利用可能。短時間利用に適している。

長時間利用のためのパック料金が6時間から用意されている。6時間パックの料金は3,500~4,000円程度。

利用料金とは別に、月額基本料金が1,000~2,000円ほどかかる。

最低でも6時間からの利用となるため、1時間程度の買い物などの利用には向いていない。

利用料金は、6時間で6,000円程度。

別途乗り捨て料金を支払うことで、車を乗り捨てることが可能。

その他の料金 ガソリン代がかからない。

保険料は利用料金の中に含まれているため、必要ない。

使った分のガソリン代がかかる。

任意で免責補償に加入することができる。加入料は、24時間につき1,080円。

※免責補償:万一の事故に対応した保険・補償制度。

借りるまでの時間 ネットや電話から事前に予約をすることができる。

予約が完了すれば、すぐに利用可能。

ネットや電話から事前に予約をすることができる。

利用前に免責補償の説明などを受け、車のキズ確認など乗車前点検を行う。

店舗についてから車に乗り込むまでに10分以上かかる。

アクセスのしやすさ カーシェアステーションは都市部に密集しているため、郊外では設置数が少ない。

自宅の近くにステーションがあれば、手軽に利用できる。

24時間365日利用可能。

レンタカー店は駅や空港の近くに集中しているが、郊外にも複数の店舗がある。

営業時間内に借りに行く必要があるため、深夜からは利用できない。

取り扱い車種 取り扱い車種のほとんどが軽自動車や普通乗用車、取り扱い車種が少ない。

ワンボックスやバンなどの商用車は取り扱っていない。

軽自動車からベンツなどの高級車まであり、取り扱い車種が豊富。

バンやトラックなど商用車も幅広く取り扱っている。

ちなみに、カーシェアステーションとはこのような場所のことです。

住宅街に設置されたカーシェアステーション

上の表の内容を踏まえて、それぞれのメリットとデメリットについては次のようにまとめることができます。

カーシェアリング:

分単位で利用することができるため、買い物や送迎など短時間の利用に適しています。また、長時間の利用でもパック料金でレンタカーより安くなっています。借りる際の手間がかからず、手軽に利用できることが最大の魅力です。

レンタカー:

24時間以上の長時間での利用に対応しているので、泊りがけの旅行などに適しています。カーシェアリングに比べ、さまざまな車種の取り扱いがあるため、使用用途に合わせて車を選ぶことができます。乗り捨てができることは利点の1つですが、関東から東北などあまりに遠い場合は乗り捨てができないので注意してください。

以上がカーシェアリングとレンタカーの比較となります。

都市部で暮らす際は、自分で車を所有していなくても、このようなサービスを利用することで快適に生活を送ることができます。都会での新生活を迎える前に、思い切って車を手放してしまいましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。