過去に事故を起こしたことのある車は一般的に「事故車」と呼ばれます。もしあなたが事故車を売却する場合、正直に事故歴のある車であることを買取査定業者に申告する必要があります。

なぜ、中古車の買取業者に正直に事故歴を申告しなければならないのでしょうか。それは、事故歴のある車は中古車市場での販売が難しくなるためです。自ら進んで事故歴のある車を購入しようとする人はいないため、中古車販売業者は低価格で事故車を販売せざるを得ません。

このような理由から、事故歴のある車は買取査定額が下がってしまいます。しかし、事故歴があるからといって「査定で高く買い取ってもらうことはできないだろう」と諦めるのは早いです。

じつは事故車には定義があり、バンパーやドアをぶつけて交換した程度では事故車として扱われることはありません。この定義を認識していれば、買取業者に事故車として不当に安く買い叩かれることを防止できます。

また、事故車の定義に当てはまってしまった場合でも、中古車の買取査定額が下がることは仕方ないと諦める必要はありません。事故車であっても高く買い取ってもらう方法は存在します。

そこで今回は、「事故車の定義」と「事故車を高く買い取ってもらう方法」について解説していきます。

事故車という呼び方は正しくない

一般的に、事故を起こした経歴のある車のことを「事故車」と呼びますが、じつは事故車という言葉は正しくありません。これは俗称としての呼び方であり、正しくは「修復歴車」といいます。

事故車という呼び方をすると、ガードレールにバンパーを擦った程度でも事故に含まれてしまいます。しかし、その程度の事故では、重要な車体の骨格部分にダメージを受けることはないので事故車と呼ぶべきではありません。

車の状態を見極めるためには、車体のダメージの有無を知るほうが重要です。そのため、「車体の骨格部分に損傷を受けた車」のことを修復歴車と呼ぶことで、上記のような軽微な損傷を受けた車と区別をするようにしています。

ちなみに、自動車査定の業界では当たり前のように修復歴車という言葉を使いますが、一般的には浸透していない呼び方であるため、お客様の前ではあえて事故車という言葉を使う査定士もいます。

査定士は「事故車」という言葉を使うことによって、あなたから車を安く買い取ろうとすることがあります。

例えば、事故歴はあるが修復歴車ではない車を買取査定に出した場合、査定士は「事故車は買取査定額が安くなってしまうんですよ」といい、あなたの車を修復歴車として安く買い取ろうとするのです。

本来は、過去に事故を起こしたことのある車であっても、修復歴車にならなければ買取査定額が下がることはありません。しかし、事故車という言葉には定義が存在しないため、過去に事故を起こしたことのある車であれば修復歴車でなくても「事故車」と呼ぶことができてしまいます。

このとき「修復歴車」という言葉を使うと、後から修復歴車ではなかったことが判明した場合にトラブルに繋がる可能性があります。そのため、事故を起こしたことのある車のことを査定士はあえて「事故車」と呼ぶのです。

事故車(修復歴車)の定義

事故車(修復歴車)の定義としては、以下の3つの組織が基準を統一して決めています。

・日本自動車検査協会

・自動車公正取引協議会

・日本中古車自動車販売商工組合連合会

これらの組織が定めた基準では、以下の骨格部分が損傷している、または交換・修復しているものを事故車(修復歴車)と呼びます。

出典:カナセキ

上の図にある骨格部分は、事故をしてなにか物体にぶつかると変形します。また、事故の後に修復をしても跡が残ります。骨格部分が変形したままであっても、修復を行った場合であっても修復歴車になります。

ただ、事故を起こしたとしても骨格部分にダメージを受けていなければ、修復歴車にはなりません。そのため、骨格部分に含まれないボンネットやバンパー、ドアなどが破損・修復されていても修復歴車としての扱いを受けることありません。

この場合であれば、見積もり査定に出しても特に減額の対象にはなりません。ただ、修復歴車にならないからといって事故歴を隠してもいいわけではないので、査定を受ける際は正直に事故をしたことを伝えましょう。

事故車(修復歴車)ではなく、修理歴車となる場合

事故で受けたダメージが軽症であり、車体の骨格部分にダメージを受けることがなかった場合は破損個所を修理するだけで済みます。例えば、「ガードレールにバンパーをぶつけたのでバンパーを交換した」などの場合です。

こうした事故で骨格部分以外の部品を交換・修復した車は「修理歴車」と呼ばれます。言葉が似ていますが、修歴車ではなく修歴車です。

上の写真のように事故でボンネットが歪んでしまった場合、車体の骨格部分にまでダメージが及んでいなければボンネットの交換だけで済むので修理歴車となります。この場合であれば、買取査定額が下がることはありません。

修理・交換履歴の証明書を発行してもらうべき

査定士が事故車(修復歴車)かどうかを見極めるポイントとして、「ボルト(ネジ)を外した跡」をチェックします。これは、事故を起こした車のボンネットやドアを修復・交換するためには、車体との連結部分にあるボルト(ネジ)を外す必要があるためです。

赤丸部分がボンネットを留めているボルト(ネジ)

そのため、ボルト(ネジ)に回した跡が残っていると事故車(修復歴車)を修復したのではないかと疑われます。場合によっては、査定を受ける際に修復・交換の履歴がないと事故車(修復歴車)の扱いを受けることもあります。

つまり、「ボンネットやドアを交換するだけでもボルト(ネジ)を外す必要があるので、修復歴車ではないという証明が必要になる」ということです。そのため、事故で受けたダメージによりボンネットやドア、バンパーを修理・交換することになった場合、必ず作業をした履歴を保管しておきましょう。

履歴を保管していれば「ボンネットやドアを修理・交換したが骨格部分にはダメージが及んでいない」など、事故は起こしたが事故車(修理歴車)ではないことを証明することができます。

なお、証明書はディーラーなどで修理・交換作業を行う際に発行をお願いすることで、作業の内容が記入された証明書を発行してもらうことができます。査定を受ける際に、この証明書を査定士に提示することで事故車(修復歴車)ではないことを証明することができます。

これから修理・交換作業を行うのであれば、証明書の発行を依頼することができます。ただ、これから車を売りたいと考えている人の場合、修理・交換作業は何年か前の話だと思います。そのため、「いまから証明書をもらう」にはどうすればいいのかを下記で説明します。

修理・交換作業の証明書をもらう方法

手元に修理・交換作業の証明書がない場合、作業を依頼した整備工場やディーラーに整備の記録が残っていないか問い合わせてみましょう。記録が残っていれば、証明書の発行をお願いすることで証明書を手に入れることができます。

もし、整備工場やディーラーに記録がない場合は、日本自動車査定協会に車の点検を依頼することで「車両状態確認証明書」を発行してもらえます。この証明書があれば修復歴の有無を証明することが可能です。

ただ、「車両状態確認証明書」の発行には手数料が5000~1万円ほどかかります。そのため、点検を依頼する前にいちど中古車の買取査定を受けることをおすすめします。なぜなら、査定で修復歴なしと判断された場合はそのまま車を売却してしまえばいいからです。

もし、買取査定を受けて修復歴ありと査定された場合は、手数料を支払って証明書を発行してもらう必要があります。証明書を所持して再び買取査定を受ければ、修復歴がないことを証明できるため、買取査定額が下がらずに済みます。

買取査定で修復歴ありと判断されると買取査定額が数十万円も下がることになるため、手数料を惜しまずに証明書を発行してもらうほうが圧倒的に得です。

事故歴(修復歴)のある車を見積もり査定に出す際のポイント

ここまで、修復歴車と修理歴車の定義を解説してきました。そこで次は、事故歴のある車を売却するにあたってどのような点に注意すればいいのかを解説していきたいと思います。

事故歴を隠して車を売却するとトラブルが起こる可能性がある

中古車買取業者やディーラーの下取り査定を受ける際、ほとんどの場合「過去に事故を起こしたことはありますか」と査定士やディーラーマンに聞かれます。

このとき、正しい内容を申告すれば全く問題ありません。しかし、なかには車を高く売ろうとして事故があったことを隠そうとする人もいます。「事故歴なし」と主張することで、少しでも高く買い取ってもらうことができるかもしれないと期待するためです。

しかし、残念ながら事故があったことを隠しても買取査定額が上がることはありません。それどころか、査定士からの印象が悪くなり、高価買取は望めなくなります。車を高く買い取ってもらうための要素として、査定士との信頼関係を築くことは必要不可欠です。

先ほども述べた通り、査定士はボルト(ネジ)を外した跡をチェックすることで簡単に修理・修復歴のある車かどうかを見破ることができます。そのため、一見すると完璧に修理されたように見えたとしても、査定士の目をごまかすことはできません。

もし、あなたが「事故歴はありません」と嘘をついた場合、査定士は気づいていたとしても「これは事故車ですよ」とは主張せずに黙っているかもしれません。

なぜ、気づいているのにも関わらず黙っているのかというと、「事故歴はない」と主張するお客様と揉めることがあるためです。そのため、実際には事故車(修復歴車)だと査定士が気づいた場合、お客様には事故車であることを告げませんが、事故車として見積もり査定をします。

このとき、後から必要になる可能性のある修理費用なども見積もり査定額から差し引かれることになります。その結果、最初から正直に「事故歴があります」と申告した場合よりも損をすることもあります。

最初から正直に事故歴を申告した場合、査定士は車が事故でダメージを受けた度合いと箇所を正確に把握できます。しかし、正直に事故歴を申告しなかった場合、査定士は車体の状態を見た目から判断するしかありません。そのため、後から修理が必要になったときに備えて、修理費を多めに見積もった後、査定額から「見積もりした修理費用の金額」を差し引くのです。

また、買取業者によっては買取り後に事故歴が発覚すると、事故車ということで「車の価値が下がる分の差額」を請求されることもあります。

例えば、無事故車として100万円で車を売却した場合、実際には事故車であり40万円の価値しかないことが後から判明すると、買取業者から差額分の60万円を請求されることがあります。

最悪の場合、訴訟を起こされることもあるため、嘘をついてもメリットがないばかりか大損をする可能性が高いということになります。

以上のことから、中古車買取業者やディーラーの下取り査定を受ける際は査定士からの質問に正直に答えるべきであるといえます。

事故車(修復歴車)を高く買い取ってもらう方法

もし、車体の骨格部分にダメージを受けて事故車(修復歴車)となってしまった場合、査定額が数十万円と大幅に下がってしまいます。もともとの価値が30~50万ほどの車であれば、事故車になったことで売り値がつかなくなることもあります。

しかし、このような売り値のつかない車でも高く買い取ってくれる買取業者が存在します。それは、海外に販売ルートをもつ中古車買取業者です。

海外に販売ルートをもつ中古車買取業者に査定をしてもらう

海外では、日本の車は壊れにくく耐久性があるとされ、非常に人気があります。その人気は、廃車寸前の車であっても部品を取り出して売却すれば高値がつくほどです。それほど、海外での日本車への信頼は高いレベルにあるのです。

そのため、日本では価値のない修復歴車であっても、海外に販売ルートをもつ中古車買取業者に査定をしてもらうことで価値のある車に生まれ変わります。

海外に販売ルートをもつ中古車買取業者を見つけるためには、「一括見積もり査定」を利用するのが有効です。こうした販売業者を簡単に見つけることができることの他に、複数社に見積もりをしてもらうことで買取査定額が上がるという点も一括見積もり査定を受けるメリットとなります。

なぜ、複数社に見積もりをしてもらうことで買取査定額が上がるのかというと、買取業者同士で車を買い取ろうと競争するためです。

あなたの車に価値があると判断した業者は、なんとしても車を高額で買い取ろうとします。それが複数社の間で起こると価格の競争になるのです。オークション形式で価格の競争が起こるため、1社のみで買取査定を受けるよりも、確実に高く車を買い取ってもらうことができます。

また、少しでも高く車を買い取ってもらうためには、少しでも早く車を売却することが重要です。

修復歴車は時間が経つほど劣化していきます。そのため、車が最高の価値を有しているのは今この瞬間なのです。また、時間が経つとほど中古車市場での人気も落ちてしまいます。車を少しでも高く売るためには、今すぐに買取査定に出す必要があります。

事故車(修復歴車)や修理歴車を少しでも高く売却しようと考えている人は、今すぐ一括見積もり査定に申し込みましょう。


私が車を買い替えるとき、必ず行うことは一括査定によるネットからの一括見積もりです。一社だけでなく、何社もの見積もりを競争させることで中古車の下取り価格が高額になるからです。

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。ネット見積もりの方法を他の人に伝えたところ、「3社から依頼があり、競争させたら買取額が14万円も上がった」「ディーラーからの下取り価格よりも23万円高くなった」など喜ばれるようになった経緯があります。

特にカービューを使えば、登録3分で最大8社へ一括見積もりを依頼することができます。あなたの自宅(または事務所)まで出向いてくれるため、わざわざ車を購入したディーラーのもとに出向くことなく見積もり依頼を出すことができます。

登録無料のネット一括見積もりを活用することが愛車を高額で売る最も確実な方法です。